全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
前職離職後に職業訓練校に半年通ってたんだけど、
そのとき習った知識とか
いまスラスラ出てこないわけですよ。
悲しいことに。

自分の場合は、
「起業」を視野に
「経営」全般の「知識」を詰め込むコースを履修したのです。
さんざん迷った挙句に。
社労士的知識
会計士的知識
人事部的知識
PC知識
一般常識その他諸々
みたいな。

ってことで
資格取得直結コースではなかったのでして、
幅広く
世の中の事務処理とはどんなものか
を習って痛感したのは
うおおお
いちいちいちいち手続き面倒にしたりなんかして
もうこりゃぼくの頭じゃパニックだあああああああ
って
思わせようとしているのだな
ってところですね。
というか実際全部の公的書類手続きを
全て自分の時間を使って行うのは
ポジションによっては不可能な仕組みになってるし・・・・・

ある意味
日本国の官僚の皆様
って
「雇用創出」の天才なんじゃないか
ってマジで思いましたよ。

ふりかえって
いちばん感動したのは
社労士系の授業だったんですけど、
「単なる手続き」
であっても
それをおろそかにしてはいけない
ってことが身に染みたのです。

国民皆保険の
日本国ですけど
じゃたとえば不意に職場を去ることになって、
健保から国保に切り替えるのか
とか
会社によっては健保組合とかで運用してますから
任意継続にすべきなのか
とか
個々人それぞれのケースの
選択の「間とタイミング」によって
手持ちのキャッシュ
の額が全然ちがってきたりとかするわけですよ。

こうゆうことを
詳らかに
国民的に
知識を与えない
ことによって
成り立ってる産業もいっぱいあるんだなあ
ってゆうね。

ほんと
「おぬしもワルよのお」
って心の底から言いたくなる時が
かなりありますね。
日本国の各種システムにおいては。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック