全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
残念な試合だがこれを今後の糧にしてください、
としか
言い様のない
ひどいていたらく。

6月13日仙台
E4-5C
勝ち久本
負けラズナー
S今村
會澤1号マギー13号

則本が8回1失点で切り抜け、
3-1のスコアで
9回ラズナー登板するも
あれよあれよという間に4失点。
10回裏無死満塁のチャンスを作るも
反撃は一点どまりで敗戦。
交流戦優勝はあっさりホークスに決まり。

連日の「最悪」な試合なわけですが、
やはりその9回のラズナーの投球に
野球の恐ろしさを痛感しましたよ。

なにしろ先頭のエルドレッドを三振で斬ったときは
「完璧」でしたからね。
球速も今季1番の140台後半だったし。

なんで前日ラズナーを出し惜しみしたのか
意味不明
って思いましたもの。

で次打者岩本も早めに追い込んだわけです。

しかし追い込んだカウントの
内角直球をライト前に運ばれてから
梵、中東に同じように
「追い込んでからの直球」を単打され、
堂林には2球目の甘い変化球で同点打を浴び、
広瀬を打ち取った2死後
これまた「追い込んだ後」の
落ちない変化球
を勝ち越しタイムリー3ベース
と。

まとにかく
打たれた球全部
直球にしても変化球にしても
真ん中高め
でした。

なんでよりにもよって
そこに投げるのか?
的なね。

岩本の時に
1ボール2ストライクから
何故内角直球を要求したのか?
ですね。
意味不明なのは。

この試合
則本が球数セーブしながら
8回まで投げれたのは
どう考えても広島打線の
「ストライク来たらとにかく振る」スタイルが
あったからなわけです。
「初球から」とかそうゆうことじゃなくて、
「シンプルにストライクは振る」と。
つまり
「2ストライクに追い込まれようがなんだろうが
ストライクがくれば振るんだ」と。
それはもう終始一貫してました。

則本が降りて
ラズナーに替わろうがなんだろうが
さらに一貫してました。

そのあたりを嶋はどう考えたのか?
ですね。

逆に難しく考えすぎたんじゃないかなあ。

がしかし、
本質的にラズナーの打たれた球は
全部真ん中高めなので
嶋どうこうはあまり関係ないかな。

ただ岩本への2ストライク後の内角直球要求は
「相手打線の傾向」を考えれば
ちょっとどうなの?
と。

自軍打線のように
配球を読み過ぎて
「思わず見逃す」とか
そうゆう空気一切なかったですからね。
広島打線には。

嶋には
いろんな球団の
多様な価値観を
できるだけ早めに
吸収しておいてもらいたいものです。

ってことで
交流戦優勝を逃がし、
久々に連敗し、
頼みの綱のラズナーまで打ち込まれ、
とマイナス要素満開ですが、
まだ交流戦も終わってない段階なので
あわてることはないでしょう。

ま、中継ぎ抑えが完璧なホークスが
リーグ戦走る可能性大ですけど、
なんとか引き離されないように
ここから10日間くらい
いろいろ時間もあるでしょうから。
万全の対策を練ってもらいましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック