全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
うーんなんか淡々と普通に負けた。
7月14日仙台
E2-5L
勝ち岸
負けダックワース

まあダックワースが悪かった、
岸が良かった、
自軍の345番がほとんど機能しなかった
ってゆう
それだけの試合だったかなあ。

収獲としては
「打者岡島」はやはりイケる
ってくらいでしょうか。
あと内野守備は相変わらず固い、とかね。

で、前日お立ちだったAJが
一転カード初戦のような
「最悪」の凡退をまた繰り返す、と。

もうこれに関しては割り切る他ないでしょう。
「最高or最低」のどっちか
ってゆうね。

そうゆう選手の場合
いわゆる「ホームランか三振か」
って言いあらわされるのが普通なのですが
AJの場合は
「ホームランか四球か三振か」
ってなってまして
まあNPB史上でも稀にみる芸風の選手と
割り切って鑑賞する他ございません。

ヒットもホームランもなにもなく
そのゲーム唯一の出塁の「四球」が
勝ちにつながってることもありますし。

というか
銀次かマギーか
どっちか打ってくれないと
この状態がずっと続くとキツい
ってことを痛感させられた試合でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック