FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
生観戦では10年に一度あるかないかの好試合
ってことで
所沢の現場で田中さんの
「プロ野球新記録21連勝&開幕17連勝」
樹立をしかとこの目で見届けてまいりました。

8月16日所沢
L1-3E
勝ち田中
負け野上
Sラズナー
銀次4号

ま、とにかく異様に緊迫した試合でして、
6回にやっと先制したと思ったら
すぐに追いつかれってゆうあの辺は
自軍が2度も併殺で相手を勢いづけてたので
こりゃ連勝記録も途切れるかなあ
とかヒヤヒヤしてたわけですが
7回裏の先頭大崎のセンターライナーを
島内が突っ込んで捕ったあれがでかかった。
前の回に最悪といってもよい「バント併殺」喰らった
張本人ですからね。
それでも全然意気消沈してないんだ
ってのがうかがえるアグレッシブさでしたよ。

田中の投球内容は
よくある「ピンチになると・・」
ってゆういつものパターンだったわけですが
二ケタ奪三振のその奪った場面とか相手とか考えると
いちいちシビれる感じのやつが多かったです。
クリンナップ全員斬ってるところが凄いっす。
というか先発メンバーで三振してないのが
あの渡辺直人のみってゆうのがまたシブい。
で、その渡辺が攻守走すべてで働いていて
とにかく「渡辺直人にやられた」ってゆう試合結果だけは
マジ勘弁してくださいって感じだったんですけど
そうならなくてよかったっす(笑)

そんな感じで両軍ともに
好守も多く締った試合でした。
初回の藤田もすごかったですし。

なんにせよ
島内の美技もあった7回を切り抜けた直後の
8回先頭銀次のソロホームランは
値千金過ぎて鳥肌立ちましたよ。

枡田も猛打賞だし、
銀枡コンビは凄いっす。
田中さんはいま投げる試合全部
「記録」づくめの試合に自動的になっているわけですけど
それはそれとして
この試合は「銀枡の試合」でもあったような気がします。

で課題の「田中&則本以外の試合」が今日から続くわけでして
とりあえず辛島には最低限なんとか
「クオリティースタート」くらいは頼みますよ
って感じですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック