全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
チケット獲得活動で寝不足だったので、
試合終わったら爆睡してしまいました(笑)

10月26日仙台
日本シリーズ第一戦
E0-2G
勝ち内海
負け則本
S西村
村田1号

ま、正直「痛すぎる」負けではあります。

銀次のエラーは残念でしたけど、
それを除けば
そこそこいい試合だったんじゃないですかね。
第三者的に見ると。

松井の走塁判断は誰しも言うように
全く間違いではなく、
坂本の送球が偶然本塁方向にそれた
ってゆう運の要素なんで
亀井に好捕された打球とかも含め、
「ついてなかった」
で割り切るしかないですね。

あんまり彼我の戦力差とか言って
くよくよ悩むこともないでしょう。
まだ始まったばかりですし。

ただほんと
「6回までにリードしていると」
の件は
データどおり過ぎて
そこはシャレにならないのは
痛感しました。
走者もそこそこ出たしなんとかなるんじゃないか
とは
思えませんでしたね。
とにかくまた間違いなく後ろ3人とあたるわけなので
一番いいのは三人が出てこない展開にする
ってことですけど、
そうは問屋が卸さない厳しい世の中ですんで
とにかく「打順の巡り」で
マシソンのところでAJマギーになる
ってゆうのを祈るだけですね。
他に打開策思い浮かびませんわ(笑)
そこでいま痛いのは枡田の不振継続中・・・・
ってゆうね。
松井の打球がフェンスを越えなかったのを見るにつけ
巨人の後ろ3人から本塁打を打つ可能性のある
唯一の日本人打者は枡田だと確信してたのに
目を覆いたくなるような不振・・・・

ただまあ使い続けるしかないと思います。
温情とか育成とかそうゆう問題ではなく。

しかしそれにしても
試合後のヒーローインタビューや
勝利監督インタビューとか
やっぱ場馴れしてるなあ・・・
みたいな。
そのあまりの紳士的態度に
逆に悔しさ倍増みたいな(笑)

さてこの結果ですと
もしかして
目の前でジャイアンツの胴上げシーンを
見せつけられる可能性も出てきてしまったわけです。

そうならない為に
本日の試合で
田中の不敗伝説が
続くよう
ただただいまは祈るのみでございます。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック