FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
スタジアムの治癒力は凄いです。東京Dでも。
4月23日仙台
E5-7L
勝ち豊田
敗け斉藤
枡田1号
4月24日東京ドーム
E6-1L
勝ち森
敗け岡本洋
岡島3号枡田2号

2014年4月24日東京ドーム
てなわけで、
前回は好きなはずの「野球」
の件でもなんか辛気臭い投稿になってしまったわけですが
やっぱ「現場」の活気ある空気に触れると
滅入った気分もたちどころに回復しますね。
いやほんとに。

わたしも「真の野球狂」を自負しておりますので
東京ドームはどうなのよ?
ってゆう気持ちもあるにはるんですけど
今回はたまたま「エキサイトシート」を獲れたんで
あの「屋根の圧迫感」を覚えることもなく
というか
少なくとも3ケタは
プロ野球の球場生観戦回数
間違いなくある自分が
生まれて初めて
「ファールボールで目の前で人が怪我をする」場面を
見たりなんかもして
幸いなことに大事にはいたらなかったんで
トラウマを負うこともなくほんとによかった
ってなこともあって
贔屓チームもそこそこ良い展開で勝ちましたし
実にこの充実した観戦になりましたよ。
ほんと「祝森雄大初勝利」ですよ。
歴史的な一日ですよ。

で自分は「イーグルス主催試合」
ではあったんだけど
初動が遅れて
「エキサイトシート」獲ったはいいんだけど
ビジター側の3塁側の席だったのです。
でも実際「東京ドームの楽天主催試合」は
毎度毎度行ってたんで
まあまあそんなにアウェー感はないだろうなあ
とか思ってたんですけど
全然そんなことなくて
3塁側バッチリライオンズファンだらけ!
でした。
ちょっとビックリでしたよ。
でまたエキサイトシートのお客さんなんで
野次やら声援やら会話やら逐一濃かったです。
何故永江を応援するのか
ランサムのどこがダメなのか
西口の過去と現在の比較
とか
そうゆうのが飛び交ってまして
わたしも2000年からパリーグばかり見る
ってゆう生活になってましたんで
ちょっと会話に食い込んでみようかなあ
とも思ったんですけど
「ミスターカラスコ仕様ロングTシャツ」
を着用して観戦に臨んでたんで
そこは遠慮しておいて正解だったと思います。
結果からみれば。

野球場のいいのは
そのへんの柔軟性ですよね。

「知らない人、しかもビジター応援の人」

打ち解けるもよし
あえて
打ち解けず
会話を交わさずの選択もよし
みたいな。

まあほんと
なんの義務感も使命感も
いらないわけです。

ということで、
掲載画像は
エキサイトシートからの素晴らしい眺め
ではなく
5回終わったところのグラウンド整備前後
のスタンド全体の客入り
を撮ったものを選んでみました。

ど平日の
「楽天ー西武」
でこれだけお客さん入るわけです。

まあ関東にいない球団が
たまに開催する主催試合で
しかも楽天なら楽天
ソフトバンクならソフトバンク
オリックスならオリックス
の「組織的動員」ってのも
少なからずあるんだろうとは思います。

思いますけど、
この光景を見るにつけ
「NPB」の業界としての「最適化」の道は
これからでしょう。

先ごろ
自民党と二宮氏から
球団増のプランが出ましたけど
私個人としては
現状あるチームを変えることなく
球団を地方都市に増やすことは
可能だと「確信」してます。
というか
ここで掲載した
この「ど平日のパリーグの試合の光景」を
見たら
めざといビジネスマンは
速攻で動いて先行者利益を得るようにがんばりましょう。

私はここのところ減退していた「食欲」が
あまり好きではない東京Dであっても蘇りましたし、
「活気のあるスタジアム」が
ひとつでもふたつでも増えれば
それは「幸せになる人」が
増えることでもある
と純粋に信じます。
それ以上でも以下でもありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック