FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
もし自分がプロフィールを「神秘化」するのなら
なんすかね、
M78星雲から来まして
年は永遠の32歳です
とか
そんな感じですかね。
ははは。
50歳を迎える人間に届く
「歯周疾患検診のお知らせ」
とか市から来てるんですけどね。
ははは。

実際問題
WEB上の活動は
2003年に始めてまして
もうその時点で
「妻子持ちで野球好きの
昭和39年生まれ」みたいなことは
高らかに宣言しちゃってたんで
そこから新たになにかを「隠ぺい」
してもしょうがない
ということでして
まあどちらかというと
ネット上でベラベラと自分のことをしゃべる
的な流れで来ました。
もちろん100%自分を晒す
ってほどでもなく
そのへんはほんと
中途半端に
小市民的に
やってきました。

まあそのあたりは
人それぞれでして
考えてみると
私の知人の「音楽活動」をされてる皆様は
80%以上は「本名」で活動されてまして
私のように「本名」と「芸名」を使い分けてる
ってゆう人は少数派ですね。
あくまで「私の知っている人」圏
ではの話ですけどね。
でまた自分の場合は
「本名と芸名を使い分ける」
ということに
あまり深い意味は見出さずに
「辻タダオ」を始めた
という側面もございまして
ハナ肇に
「おまえは茶だ。今日から茶。」
と言われてそれに従った加藤茶
的な流れなんで
ほんと特に自分では何も考えてないんですよ。
ま、ただ
ご覧のように
「本名と芸名が分かれている」ことにより
PTA的価値観とは全く合致しないオリジナルソング

多い、と。
これはまあでも結果論なんですけどね。
ははは。

「本名」で活動していたとしても
俗物ブルース

燃えろスタジアム

大江戸煎餅音頭

マダムれいこに気をつけろ

普通に作って唄ってたでしょうし。

つまり
いちばん強調しておきたいことは
シンガーソングライターとしての活動開始
とはべつに
「ネット上でシンガーソングライターとしての
文章表現活動」を開始したのは
自分の場合は「40歳の頃」
つまりはアラフォーだった
と。

生まれた時代は
あとから選べない
のは重々承知なんですけど
もし、
「自分がネットと
深くかかわるようになる
最初の時期」が
20代
だったら
とか
30代だったら
とか
ちょっと想像してみたわけです。

自分の過去の記憶を振り返れば
若ければ若い時期ほど
「見栄」をはりたい感情強かったなあ
って思いますので
「シンガーソングライター辻タダオ」

内情は
もっと全然伝わってなかったでしょう。

ま、だからどうだ
って話なんすけど
「新たなテクノロジー」
と接する間とタイミングで
各自の人生の時間の流れの感覚も
千差万別なんだろうなあ

あらためて深くかみしめる
今日この頃でございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック