全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。過度なグローバリズム懐疑派。断煙断酒断パチ継続中。
私は剛毛なのです。
まあ、胸毛だけはあんまり
生えてないんですけどねw

とにもかくにもヒゲは濃くて固いので
理髪店に行って
ヒゲ剃りをされると100%流血に至るわけです。

この世に「絶対」はない

よく聞きますけど
私の理髪店における
「ヒゲ剃り流血」は
掛け値なしに100%で
「絶対」なんですよw

引っ越しの多い人生ですので
いろんな場所のいろんな理髪店に行きまして
大学生の頃から
ずーっと「ヒゲ剃り無用」の旨伝えて
髪だけ切ってもらいつづけてきたわけですが、
「いろんな場所」に行くと
なかにはちょっと変わった人もいまして
一人だけ
「いやいやいや私なら絶対流血させません」
って意固地になった方がいらっしゃいました。
じゃそれならまかせてみよう
とそのときブレたんですよね。
結果、
「ブレなきゃよかった」
ってことになりましたw

その理容師さんは
すいませんでした
みたいな申し訳なさそうな表情になってましたけど、
私は怒る気はさらさらなく
「だから言ったでしょ」的なドヤ顔もせず、
太宰治的に
「いやほんと剛毛すぎてすみません」
というような態度を貫きましたよ。
いやむしろ
あなたのチャレンジ精神は買う!
くらいなw

で、QBハウスの話になります。

人それぞれ
いろいろなこだわりがある
と思われます。

QBハウスじゃなきゃ嫌だ
って人も
QBハウスに行くとか考えられない
って人も
両方いらっしゃるでしょう。

私の場合は
上記のような「ヒゲ問題」を
抱えておりますので
QBハウス的業態は
「歓迎」している部類の者です。

ただ一点
私の住んでる街のQBハウスは
いついかなるときも必ず混んでいるのです。

一度朝一に行ってみたら
案の定「開店待ち」の列が出来てました。

高齢者の多い
団地のある街
だからだとは思うんですけど
それにしても極端なんですよ。

隣の駅とか
そのまた隣の駅とかにも
QBハウスあるんですけど
比較しても
私の最寄駅のQBハウスの混雑ぶりは
桁違いな印象あります。

で、昨日の夕方
「こんな冷たい雨の休日だから
すいてるかも」と
まずQBハウスのぞいたら
最大限の「待ち」の人数で
椅子がなくなる寸前!
みたいな。

いやこれはちょっと「時間の無駄」かも。
と思って
一度だけ行ったことのある
市井の普通の理髪店に入りました。
表の看板には
整髪料3500円
って書いてあるんですけど、
「ヒゲ剃りナシ」料金
とか
「シャンプーナシ」料金
とか
段階別に表示してあるので
好感持ってたんです。

で、普通に
「ヒゲ剃りとマッサージはいりませんけど
洗髪はお願いします」
ってゆうオーダーで
スポーツ刈りにしてもらったら
2000円でした。

これこれこれ
これが
かゆいところに手が届くサービス
ってもんだよなあ
と。

ってことで
今住んでる街から
引っ越ししない限り
昨日行った理髪店に
通い続けることに決めました。

なんか
「髪染め」の害毒とかも
教えてもらったし。

理髪店なのに
髪を染めるのはお勧めしない
って
明言してました。

私はたまたま「面倒くさがり」なので
いままで一度も
髪を染めたことないんですけど
「お客さん!それ正解!」
って誉めてもらって
大変気分がよかったっす。
なんか私の髪質を見て、
「染めたことが無い」ってのを
わかったうえで
そうゆう話題を振ってきた感じでした。
こうゆうのが
「プロの仕事」
ってことなんでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック