全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
あっという間に読了
参謀 (講談社文庫)
参謀 (講談社文庫)
posted with amazlet at 15.03.18
森 繁和
講談社 (2014-03-14)
売り上げランキング: 256,278

さて、自分はパリーグ中心に野球見始めて丁度15年なので、
監督落合時代のドラゴンズ
ってなんだかよく物議を醸してたよなあ
と遠巻きにしか見てない部分もあるし、
でも日本シリーズにはよく出てたので
いろいろな試合の記憶も意外とあるし、
なんとなくモヤモヤしてた面も多々あったので
書店で見かけて即買いしました。
実に面白かったです。
やっぱり肝は
対メディアへの
「情報統制」ですよね。
それを実現する為に
コーチ陣は
「口が堅い」人材をチョイスしてた
とか、
そこまでしてたんだあ
と感心してしまいましたよ。

「勝つ」ために
全てを「逆算」して
徹頭徹尾
合理的に考える
というところが
いかにも落合博満です。

ただ100%「主知主義」ってことでもなく、
当然
部下であるコーチや選手に
「情」をかける時はかける、と。

ここでは何度も述べましたが
自分はノンポリ無党派層で
何事も是々非々で臨んでいる者です。

単純に
「メディアに愛想の悪い人」
ってのは
笑っちゃうくらいに
「メディアに叩かれやすい」
という構図があります。

もうこんなのは
ちょっとすばっしこい小中学生でも
気づいているようなことでしょう。

落合VSメディア
ってことで
ふと気づいたのは
単純な「二元論」じゃないな、
と。

上述した
「主知主義」という言葉にしても、
「完全無欠な100%の主知主義」
とか実行しようもないし
その逆の
「完全無欠な100%の主情主義」
も有り得ない
と私は考えました。

割合というか配合の問題
ですと
落合サイドは「主知」に重きをおき
メディアサイドは「主情」に重きをおいている
のだけれど
どちらも100%にはなり得ない。

で、メディアってのは
扇情的でないと売上伸びないので、
実際落合監督の理屈はよくわかる
ってゆう記者でも
ここで落合礼讃とか出来ないなあ
となるんでしょう。
構造的に。

なのでちょっと思ったんですけど、
世にある
「パロディー」という手法を用いて、
一見
段組みとか見出しのサイズとか色合いとか
いかにも「トーチュウ」ってゆう紙面のレイアウトで
勝っても負けても
とにかく「落合礼讃」ってゆう記事を「創作」して
パラレルワールドSF小説として世に表すのも面白いかな、
と。

せっかく
このように貴重な「参考文献」も出てることですしw

ま、ちょっと
筒井康隆の「美藝公」っぽいかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック