全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。過度なグローバリズム懐疑派。断煙断酒断パチ継続中。
「演出」はどの程度まで許されるのか。
なんというのか、
またパチンコを引き合いに出して
恐縮なんすけど、
「リーチ!」ってなって
エヴァだったら
ゲンドウが訳知り顔でなにかつぶやいて
アスカの暗い過去や
シンジの中二的性衝動等が描かれ
そうかと思うとミサトさんが
やたらと前向きなことを言ったりして
とかが次々と液晶画面にあらわれ
結局「当たり」じゃなかったりすると
イライラするし
この数分間はいったいなんだったんだ?
という虚無感に襲われるし
逆に「次」の長いリーチ
は「当たる」んじゃないか?
と根拠のない自信が芽生えたりするのであって
そこらへんがパチンコの
魔力なんだろうけど
わたしは
「糞長いリーチ演出」は
業界の「自殺行為」だとシンプルに考える。

だってその間
プレイヤーは玉の打ち出しを止めて
画面に見入る
わけだから
どう考えても「売上」減にしかならない。

馬鹿じゃないの?
とおもってしまいますよ。

他分野だと
高校サッカーとかバレーボールの
ベンチや控室の様子
をリアルタイムで垂れ流す
あれ。
そんなことやってる暇あったら
ビッグデータで
選手の動きの傾向なんかを
冷静に伝えりゃいいのに
って思いますね。

全然いらないでしょう。

「感動話」なんかどうでもいいんで
純粋にスポーツを伝えろよ!
と。

ほんとそこいらあたり
日テレやフジは酷いテレビ局だと
常々思いますねw

あと不愉快なのは
地上波のワイドショーでよくある
「ワイプ」ってゆうあの小画面ですね。

あれまったくの無駄だと思いますよ。

人間が本来もつべき
「ここぞの集中力」をそぐだけですもの。

特にイケメンでもない
「ミヤネ屋」の宮根の
したり顔のワイプ画面なんて
ほとんど「公害」でしょう。
あんなもの。

今日明日で
やめて欲しいです。

いやほんと真面目な話。

美男美女であっても
ウザいしw

そうゆう技術は
「軍事」部門だけに
応用してください
としか言いようがないですね。

そんなこんなで
いろいろ言ってきましたが
私もシンガーソングライターとして
「ステージ」に100回以上立ってきましたので
「演出」することすべてが悪いとか無駄だ
とか言い立てるつもりもございません。

どの程度なら
「丁度いい」
のか?
ってゆう正解は
やっぱりわからないです。

私は
JAZZ風な曲も
フォーク風な曲も
やるので
ステージ上で「しゃべる」ことに関しては
実に「あいまい」な態度でして
ま、「無言」よりは
多少なりともしゃべったほうが
お客様も和むだろうし
自分も落ち着くので
マイペースでやっております。
すくなくとも
「絶対にしゃべらない」
ってゆうスタンスではないですね。

ただその
大晦日から元旦の風物詩
「さだまさし」
のようになりたい
とも思わない
と。

それが普通の
「庶民感覚」
なのではないでしょうかw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック