全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
勝ってうれしい花いちもんめですな。
前の日
仙台
楽2×ー1オ
勝ち川岸
きょう
仙台
楽2-1オ
勝ち岩隈
S川岸

そんなわけで
5月1日現在で
借金5
ですから
まあまあ大丈夫なレベルではないか、と。

きのうの試合は、
結果から見ると
「鉄平のバックホームストライク送球」が
滅茶苦茶効いたっす。

あと、無失点の片山を
すぱっと変えて継投にはいったわけですが、
長い連戦だし、
その後交流戦もあるし、
ってことでチームとしての「型」を作ろうってゆう意図なんでしょう。
それで結果も出たので
けっこうなことだと思います。

それと
草野の途中交代ですけど、
直前の「併殺防止のアタック行為」が全然見られなかったことに対する
「懲罰」的なものなのかどうか
各種報道に全然触れてないのでわからないのですが
まあ上手いこと「選手への刺激」を与えているのではないか、
と好意的に解釈することにします。
で、渡辺直人がよく打ちました。
最後。

で、きょうは
明らかに木佐貫の方が投球内容よかったっす。
岩隈より。
いわゆる「不思議の勝ち」ですかね。
オリックス打線の「絶不調」に助けられたって感じでしょうか。

まあ負けず劣らずイーグルス打線も
「好調な人が見当たらない」感じなんすけど
その状況で連日投手陣が
「いい仕事」をしたってことで。
きょうの川岸は最後危なかったけど
結果ゼロに抑えればそれでよし!
ってことで。

あすの田中は
スイスイいって欲しいところですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック