FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
憂鬱のもと。
手指の腱断裂は
順調に回復中だし、
「痛み」はないんだけど、
「シーネ固定」中なので
色々な日常動作は相変わらず不自由。

PCのキーボード入力や
ピアノとかは大丈夫
ってのが
「おれって持ってる!」ってことなのかw

でも、それ以外は
ほとんどあらゆる動作に支障ある。

普通に服を脱いだり着たりとか。

特に着るときかなあ。

入浴とか洗面とか、
ま、とにかく諸々ほぼ全部
「慎重な動作」にならざるを得ない。

で、それまで気づかなかった
「自分の性格」
に気づかされる。

「慎重な動作」をせざるを得ない
ということに
物凄くイラついている。

ってことは
自分は生来
「せっかち」な性格だったのではないか?
みたいなw

宿題ギリギリまでやらない
受験勉強もギリギリまでやらない
確定申告もギリギリまでやらない
ライブで新曲やらなきゃと思ってもギリギリまで出来ない
とか
そうゆうこれまでの「実績」
を考えれば
自分は「のんびり屋」だと
思い込んでいたわけだが
それって裏を返せば
「ギリギリのタイミングで猛スピードでやるのが好き」
ってことだから
「のんびり屋」どころか
真逆の「スピード狂」じゃないか!?みたいなw

でも「転職」するまで
長年免許持ってなくて
車やバイクに興味なく
実際の「スピード」は好きじゃなかったり
とかあったんでややこしくなるわけだ。

あと高いところも
ジェットコースターも飛行機も
嫌いというか怖いし。

なんだけど
冷静に考えれば
いまあげつらったような事物以外
への対応に関しては
ほとんど「せっかち」なのだった。

早飯早風呂早糞
みたいなところあるし。

行列に並ぶ
のはちょっと耐え難いし。

熟考して念蜜に計画をたて
慎重に物事進める
というよりは
度胸経験勘で
えいやっ
ってことの方が圧倒的に多かったしw

ということで
手指の腱断裂
があろうとなかろうと
例えば「老眼」の進行で
本とか新聞とか
「ササっと読み飛ばす」
というのが
「老眼鏡を着用する」
という一手間で
不可能になってるし
さらに「老眼鏡を探す」って手間もあるし
加齢ってのは
「手間」だらけであり、
中高年の「鬱」とか更年期障害とかってのは
こうゆうところに原因があるのかなあ
みたいなw

特にせっかちな人間は
これまでささっと出来たことが
出来なくなることに対し
より以上にイライラして
ストレスの度合いも大きい
みたいな。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック