全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
いやあ「子供の日」で他の行楽にしといてよかったっす。
5月5日
所沢
楽3-19西
負けラズナー

そんなわけで
家族での行楽から帰ったあとで
ビデオ確認したんすけど、
ほんとあの
6回までは試合になってたんですけどね。

いい流れで2点差に詰め寄った
2死満塁で一塁走者が牽制死してどうする!と。
しかも前日の汚名返上に燃える草野が
粘りに粘ってていかにも打ちそうな感じ満開の場面で
何故刺される?と。

しかも「矢のような1塁牽制」っていえば、
細川の代名詞だってことは
素人の一観客だって知っているのに
何故それに気づかないのか?と。

生涯忘れえぬ「最悪の牽制死」ですね。
「対ヤクルト日本シリーズでの
近鉄大村の牽制死」
をはるかに超えました。
自分的には。
ここ一番の「名人芸」を
甘く見てはいけないってことですよ。
マジで細川にきついお灸をすえられたっす。

牧田は「懲罰」降格とか、
本日の草野のような「懲罰的起用法」とかあっても
言い訳きかないレベルだと思うのですが
次の出場機会で「100倍返し」くらいな突出した活躍を
たのみますよ。
ほんとマジで。

まああとは
そうゆう「滅茶苦茶凹むミス」の後に
まったく歯止めが利かなくなったラズナーとか
ちょっとどうなの?
みたいな。

でほぼ試合きまったところでの
「敗戦処理」ですけど、
なんで山村が先で松本が後なの?
とかね。

球団創設初年度にも似た
「悪夢の日々」ですが
まそれでもまだ「借金5」なんで。

速攻で立て直してください
としか言いようがないっす。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック