全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
音楽とは別の表現活動
ってことで
昨日はほぼ丸一日
販促活動の一環として
音楽活動とはべつの表現活動に
いそしんだわけですけれども
「人間その気になればなんでもできる」
ってゆう
ポジティブな感情がほとんどを占める
のですが
一方
いろいろなアイディアが湯水のように浮かぶけど
「まてまてこれはちょっとヤヴァいかも」
とか
「ああ、これは炎上案件だな」
とか
そうゆうことも自然に考えちゃうようになってるのに
若干驚きましたよw

なんというか
ネットとかポリコレの影響なんすかね。

一部の
完全なる「炎上商法」狙いの
表現者というか文化人というのか知識人と
いうのか
そうゆう路線はやはり踏襲したくない
ってゆう
小市民心理が働くわけです。

もちろん
「敵を作りたくない」
とかいって
すべて曖昧で甘い感じの「表現」に
ならないように心がけてはおりますが
ある一線
は超えないようにしよう
ってところでしょうか。

なので
自分は少なくとも
パンクとかロックとかサブカルとか
あるいはアングラではないなあ

つくづく感じましたよ。

チキンレースで
早めにブレーキ踏む!
みたいな。

ずるい!
卑怯だ!
大人のやり方だ!
って言われても
こちとら岩田鉄五郎と同い年なんでw

ま、そもそも
軽音楽界で言うところの
「30歳以上は信用するな」
ってゆう変な格言も
30過ぎたら
「知るかボケー」
って感じたので
人生なんでもかんでもすべて
「自己都合」でいいと私は思いますよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック