全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
なんか色々めまぐるしい感じでじっくり見たかったんすけど、
5月26日
神宮
楽3-2ヤ
勝ち川井
S川岸
負け館山
山崎11号 中村5号

ってことで
わたくしもなんか久しぶりに
「試験づけの日々」なもんで
またまとめて振り返るわけなんですが、
この試合はまあよく勝ったと思いますよ。
しかし、
ニュースとかもあまり詳しく見れてなかったんで
これが高田監督最後の采配の試合だったとは・・・・
みたいな。
あとでびっくりしました。
まあお疲れ様でしたとしか言い様がございません。

5月27日
神宮
楽3-3ヤ

で、ヤクルトは「監督代行体制初戦」で、
でもまだ交流戦勝ちなしの「連敗」続いてて、
ってゆうね、
ああなんか変なタイミングのときに当っちゃったなあ、
と。
で、この非常に疲れる結果なわけですが、
3秒考えて「まあ、負けなくてよかった」と思うほかはない、と。

ただまあもうこりゃあきらかに
「采配ミス」の要素満載ですわな。

永井の替え時に関しては
いろいろあると思いますけど、
五分五分ですかね。
ただなんか7回先頭のデントナのときから
目が泳いでる感じになってましたんで、
四球二個目のタイミングでの交代もありだったかな
とは思います。
までもその前の回まで零封でしたし、
一応「柱」の一角でもありますし、
まあそこは譲りましょう。

問題は
やはり
9回1死から聖澤の大ラッキーな同点打で追いついたあとの、
「盗塁死」ですね。
打者草野1-3のカウントから。

まあ外角低めのかなりボールくさい球で、
草野はボールと思って見逃したら、
ストライクのコールされて
「え?マジでいまのが?」って言ってる間に
二塁で聖澤が死んでいる、と。

これはいったいなんの作戦だったのか
まったくもってよくわかりませんでしたよ。

でその後案の定草野が「得点にむすびつかない2塁打」とか打つし。

聖澤の足なら外野の間抜ければ
1塁からでも帰れる可能性あったと思うので
実によくわからない作戦失敗でした。

それと10回に
先頭の鉄平がヒットで出たあと、
次打者「絶不調」リンデンがファーストストライクをバントして
ファールにした後、
強行に出てあえなく「併殺」とか。
まさに「絵に描いたような最悪の併殺」でした。
ま、解説の高木氏が
「リンデンが自分で考えて最初バントしたのなら、
そのままやらせてやればいいのに」
って言ってましたけど、
わたしもそう思いました。

もしかして
勝ちたくないのかな、
とか勘ぐらざるを得ない采配でしたね。

ということで
全般的に
「打線が底同士のチームの凡戦」だったと思います。

采配以外の要素だと、
山崎そこで打てよ、的なのは
まあよくあることなんで・・・
前日は打ってますし。
ただ今日の12回「最後のチャンス」の打席
2死満塁カウント1-2から
見逃せば完全にボールの外低めのスライダーを空振りしたのは
いろいろな意味で痛かったっす。
試合結果の帰趨はともかく、
これをきっかけに
また山崎の調子が下降曲線に、
ってことがあり得るので
マジで引きずらないようにして欲しいですね。

いやでも
永井以降の自軍投手はよくがんばった、
ということで。

ただ川岸は
見ててかなりヒヤヒヤしました。

特にガイエルへのど真ん中の棒球の時は
思わず
「はい試合終了」ってつぶやいちゃいましたもの。

そうゆう意味では
ヤクルト打線の不調
にも
かなり救われたのかな、と。

ま、とにかく
次仙台で当るときまで
なんとか先に1勝でも2勝でも
してきてください。
お願いします。

いろんな意味で怖い試合でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック