全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
こわれてゆくギャグの人
ということで、
「好きな漫画をひたすら語る会」に向け
雨も降ってたし、
自分がとりあげるつもりの
とある「幻」のギャグ漫画家の
貴重な単行本を熟読精読してたんだけど
やはりその「幻」になったのは
「こわれた」からなんだろうなあ
ってのが如実に手に取るようにわかって
ちょっと怖くなってきたんすけどw
べつにまだ正式にエントリーとか
公式発表とかしてるわけじゃないんで
自分の匙加減でどうにでもなるんですけどね。
「語る会」当日に何をやるかってのは。
でもね、
あの
ウィキペディアに
とりあげられてないんで
「おれがやらなきゃ誰がやる!」
ってのもあるし
迷うところだなあ。
アマゾンとかでも
「取扱い」あるんだけど
レビュー0件
なわりに
中古品の値段はそこそこ高い!
ってゆうタイプの人でして
実際私もその人の経歴とか素顔とか
全くわからないわけです。
ま、ちょっとだけ言いますと
バブル期の「漫画ゴラク」で描いてた人ですよ
と。

あと野球四コマ系の雑誌で
スワローズネタ
も書いてたらしいんですけど
残念ながらそれらの作品は
全くもって見たことないですね。

で、2009年頃に自前のサイトも作って
ネットで作品発表してたんだけど
いまはそれも数年更新されてないうえに
作品そのものも見れなくなってます。

ということで
完全に「幻」「伝説」の作家になってますね。

ほんとのほんとに
完全にこわれてしまったのか。

わたしの持ってる単行本のカバーの
後ろのところには
ふざけた感じの自己紹介が載ってるんですけど
一女アリとか書いてるし
まだ「文章」は多少残っている「公式サイト」を
見ると
おそらく妻帯者で娘が一人いる
って感じなのかなあ。

漫☆画太郎先生も
プロフィールよくわからない系
の人なんですけど
おそらく画太郎画伯と同世代くらいなのかなあ。
というか
画太郎画伯のように
フォロワー
がいるわけでもないんで
全くもってほんとに
謎だらけだ。

でもほんと
ギャグというのかお笑いみたいなのを
つきつめようとすると
実に険しい道のりなんだなあ
ってことが
わかります。

私が持ってる単行本でも
最後のほうになればなるほど
過激さとシュールさがあいまって
もうほんとそりゃもう大騒ぎさ!
みたくなってるし
読者のニーズ
編集者のニーズ
とか
いろんなものとの狭間で
わけがわからなくなっていったのかなあ
と推察しますが
ほんとのところはわかりません。

ギャグやお笑いを追及してこわれなかった人
ってほんと凄いと思いますよ。
BIG3とか松本人志とか筒井康隆とか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック