FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
どうでもいいようなこととか
特に主義主張があるわけでもなく、
もはや「感想」ですらない
ってゆうような
「生活上」のあれこれを
ただ見たまま書くってゆうようなことを
やってみようと思い
新たに追加したカテゴリーが
この「生活の細かい柄」である。
当然高田渡の「生活の柄」は念頭にあったが
特に高田渡風にしようという意図もない。
予感としては
齢50超えたおっさんなんで
自分が若い頃には影も形もなかった物事

いまはもうおれにはなんのことわりもなく
あたりまえのように空気のようにいつのまにやら
存在しているということに対する「戸惑い」を
吐露していく流れになりそう。

ちょっと前まで
病院とか入院とか無縁だった
「頑健」を誇る者、だったのが
この1か月のジェットコースター的日々で
180度キャラクター設定が変わって
「病弱」にあえぐ者、になったので
それにあわせて、
「文章を書く環境」も整えよう
ってな意図もある。
念の為だけど
「独自の視点」
とか
「オリジナリティー」
とかも
当然気にしない。

辻さんその内容
既に出尽くしたネタですよ!

ってのも当然出て来るだろうが
これはあくまで自己の「リハビリ」の為に
やっていることなので
気にしない。
よほど先行する何かの記事やら
コンテンツやらに
万が一の偶然で
一言一句ほぼ変わらない
みたいなことがあったら
それじゃパクリですよ剽窃ですよ
と教えていただければ幸いである。

ということで
ワイルドさ豪胆さとは
ほど遠い話題でスタートする。

まずはやはりこれ。
「スーパーやコンビニのイートインコーナーは便利」
の件だ。

これは自分が「病弱キャラクター」に変わる前から
痛切に感じていたことなので
何をいまさら感はあるのだが
散歩に出ても
ほとんどお年寄りと同じくらいのスピード
でしか歩けない身になってみると
実にありがたいものである。
イートインコーナーはほぼ例外なく
「平面の地べたとほぼ地続きの地面にある」から。
わざわざ百八階段昇るとか
高速エレベータにのるとか
そうゆう試練を経ずに大概のイートインには
たどりつくことが出来る。

オーダーして運ばれてくるのを待つ
という手間がないので
メニューを読むという眼球酷使運動も省ける。

最低限ワンドリンクワンフードで「お通し」の省略不可!
ってゆうような「縛り」も一切ない。
なので食べ物飲み物にかける
値段も容易にコントロール可能。

で、一番の肝というか
最大の利点はなんといっても
「ゴミ箱があるのでその場で
空いた容器や紙くず等を捨てて
立ち去ることが出来る」というこれである。

テロ対策で街角からどんどん
ゴミ箱が消えていく昨今の世において
実に一般市民にやさしい施設ではないか。

一般的に
市民生活というものは
イートインに行かない時間
イートンインに居ない時間
の方が長い。

で、家事労働において
「ゴミ出し」ってのはわりと手間ひまかかる分野であり
さらにいえば「分別」も年々こまかくなるうえに
自治体の「ゴミ袋有料化」が追い打ちをかけてくる。

少ない年金でなんとか暮らしていかねばならない
高齢者は「有料ゴミ袋」に
少しでも多くゴミを詰め込まないと
「勿体ない」と考え
「ゴミ出し」前には弱った手足足腰で
全存在全体重をゴミにかけて
「圧縮」作業を行うってのが
日本全国津々浦々で日常茶飯事になっている。

日常生活において「ゴミ」が出やすいのは
やはり「食事」だ。

で、それをほとんど
イートインで済ませる
ってなると
あらゆる意味で
「大幅なコスト減」になる。
まさに空前絶後のレベルと言えよう。

おれが後期高齢者で身体も弱って
家事もままならない
ってなったら
三食あるいは二食
一日の食事全てを
イートインで済ませるかもしれない。

高齢化社会も相当進行してるだろうから
「アクティブな女性老人向け雑誌」
とか
「アクティブな女性老人向けサイト」
みたいなもので
「イートインで食事済ませる男と付き合ってはいけない!」
ってゆうようなマッチポンプ的炎上目的指南記事も出るだろう。
昨今の
「500円硬貨や5000円札欲しいがために
会計の時に変なお金の出し方をする男は
卑しい」とかいった類の記事同様。

でおれはもともと
人の言ってることは全然気にしない性質なので
「で?それがなにか?」
以上終了!で済ますであろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック