FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
中森明菜と人生の勝ち負け
ツイッターでも触れた
「今の時代なに? 4Kって。毛穴なんて全部映っちゃう。
あれって脅迫でしょう(笑)。昔から女優ライトってあったでしょ。
絶対にムリムリムリ(笑)」 by中森明菜
のこの発言、自分は勝手に「名言」認定したんだけど
何が凄いって
中森明菜のいま現在の芸能人生が
「負けるが勝ち」
という塩梅になってるということを如実に
表しているってゆうね。
テレビ業界中華思想
の立場からは
「テレビに出ない」
「テレビに出られない」
「テレビからお声がかからない」
ってゆう現状は
「負け組」認定したいところなんだろうけど
一般人からしてみりゃ関係ない話だし
「もし自分がテレビに出ることになったら」
という仮定で考えた場合
ほんとに明菜が言うとおりで
やっぱりそりゃ化粧とかメークとか
異様に面倒くさそうだし自分だったら
顔のパーツから肌から全部取り替えないと
無理無理無理だし
そんなにがんばらなきゃいけないんなら
べつに出なくていいやってなるだろうし
普通に「大スター中森明菜」のディナーショーなら
一生に一度でもいいから見てみたい!
ってなるでしょ。
たとえチケットが高額でも。
ということでここのブログでは
何度も書いてますが
私は若い頃「明菜マニア」だったけど
いま現在は遠くから見守る立場であって
ぶっちゃけ人に会っても
「中森明菜いいですよ。
聴いた方がいいし、
見た方がいいです絶対に!」
とかそうゆう風に薦めたりなんかしたことは
大人になってからは
一度たりともない
ので、
コアなファンやマニアから
おまえごときが何をいまさら!
って指弾されてもおかしくない立場だけど
そこを押してあえて言おう。
中森明菜のディナーショー
ベネチアとか日光並みに
死ぬまでに一度は見るべき!
と。
本人がここまで
ぶっちゃけたり
開き直ったりできてる
ってことは
それを見たあなたの運気が下がる
ってこともないでしょうし
逆にあがるんじゃないでしょうかね(ここは適当)

まあチケットが買えればの話ですけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック