全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
まさかこうなるとは思いませんでしたねえ・・・・
11月6日
中2-2ロ

もう翌日の新聞見てるところですけど
過去の日シリの引き分け試合一覧中、
記憶にあるのは
広島ー西武のあれだけですね。
あのときのは
シリーズの展開もよく覚えてますよ。
工藤公康のサヨナラヒット
とか
秋山のバック転
とか
そのへんが「有名」ですけど、
地味なところだと
カウント2-0と追い込まれたところから打った
鈴木康友のタイムリーヒット
とか
あと第8戦の終盤の
大田卓司の盗塁
あたりでしょうか。

で、きのうの試合は
井端の盗塁
が、かつての
「大田卓司の盗塁」並み
の効果になって
シリーズの流れを決めたかも、
とか思いましたが
ロッテの投手陣粘りましたねえ。
まさか「大田卓司の盗塁」があったシリーズと同様に
「引き分け」を含むシリーズになるとは思いませんでした。

あと地上波の解説が
古田ー野茂のソウル五輪コンビでしたけど
野茂の大物ぶりが凄かったですね。
これは揶揄して言ってるのではなく
野茂さんには
ほんとに「人間としての格」ってものを感じますよ。
冗談ぬきで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック