FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
mixiの仕様が変わって、
自分の場合は
「外部ブログ」連動式で使ってまして、
当初の目論見としては
FC2ブログ内の「つれづれ」ってゆうカテゴリーを
更新した時のみ
mixiに連動させよう
ってゆう感じだったんだけど、
いつのまにやら
カテゴリー区分に関わらず
「FC2ブログを更新したらなんでもかんでも」
連動するシステムになったみたいで、
結果、人によっては
「あまり興味のない野球の話」ばかりが
ガンガン更新されてる
ってゆうことが衆目にさらされているんですけど、
面倒くさいので
そのままにしておきます。
すみません。

「おまえシンガーソングライター
を名乗っておきながらもブログの8割は野球じゃん!」
ってゆうお叱りを頂戴してしまうやもしれませんが、
「すみませんその通りでございます」
としか言い様がございません。
恐れ入ります。

で話は変わって
本来この「つれづれ」カテゴリーで語るべき
「歌作り」の件にいきましょう。

なんだかんだで、
「積み木の部屋の子供たち」
ってゆう曲
をなんとか作ったんで
もうこれは調子に乗ってどんどんいくしかない、
と。

結果的に
「積み木の部屋の子供たち」は
キーG

あまり早くないテンポのフォーク調
ってゆうメロディーラインになりまして、
もちろん今後「演奏するたび」に
ガンガン変更がかかる予定なのですが、
この曲の基本コンセプトは
「一見ハートウォーミングな曲調のように
みせかけて実は単なる事実の羅列」
ってことですね。
ってゆうことそのものも
自分で後で気が付いたんですけどね。

「詞先」
けっこういけるかも
ってゆうような手ごたえはございます。

今回「詞先」で曲作りをしよう
と思い立って
シンガーソングライター
としては初めて
「ネタ帳」的な手書きノートを
使ってみたわけです。

で「積み木の部屋の子供たち」は
ノート2ページ見開き面の
「あっちとこっちとそっち」を繋げてみたら出来た!
ってゆう展開でした。
ははは。

まあつまりは
「アイデアの断片」みたいなのを
無理やりくっつけた、と。

とここまで書いておいてあれなんですけど、
次はまた違う切り口でいこうかな、と。

さきほど
「積み木の部屋の子供たち」
の基本コンセプトが
「一見ハートウォーミングな曲調のように
みせかけて実は単なる事実の羅列」
ってことを述べましたが、
これは「作ってみたらそうなってた」ってゆう結果論の世界です。

次はそうではなく、
「基本コンセプト」を先に考える方式でいこうかな、と。

例えば、
「一瞬、怒れる若者の歌かと思ったけど、
最後まで聞いてみて初めて、怒っているのは
壮年の腕利き税理士だった、とわかる仕組みの歌」
とかね。

ま、そんなようなことを
あれこれ考えていけば
また曲もできるかなあ、とか
思う今日この頃でございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック