FC2ブログ
全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生涯一東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。
インターネットと「記憶」の件
これはもしかして「世紀の大発見」かも
と思うことを書こう。

私は2003年に初めて自前のサイトを立ち上げて、
で「野球好き」でもあるので、
野球に関することでそれこそ億千万単位以上の文字数使った。

で、大阪近鉄→東北楽天
ってゆう「贔屓チーム」もあったんで
「日々の試合の記録」みたいなのも
意識してせっせと書いた。
できるだけ。

もちろんそのなかには
「生観戦」も「スカパー観戦」も混在している。

というか
まずはっきりさせておくが、
私はマツダスタジアムと札幌ドームと名古屋ドーム以外の球場全てで
「現地観戦」をしており、
「生観戦」の回数は間違いなく3ケタはある。
ただ「熱狂的応援団」の皆様のように
「毎シーズンほぼ全試合生で」というほどでもない。

なのでまあ
NPBファン
という分類で考えれば
「中レベル」の顧客ではないかと思う。

そんな「中レベル」のNPBファンが
ネット活動も始め
贔屓チームの試合のことを記したり、
CSや日本シリーズのことも記したり、
とか
なんだかんだで
かなりな文字数費やした。

で、つくづく思うんだけど、
「インターネットとかなかった頃の試合」
の方の記憶が鮮明なんですよ。

これは自分がネット活動を始めた2003年より以前の
プロ野球の方が
圧倒的に面白かったからだ

ってのとは
また違う気がします。

なんというか、
書いたり
しゃべったり
感想を披歴したり
キーボード押したり
親指駆使したり
ってことですよね。

「自分が見た試合の感想を表に出す」
ってことは。

で、かつては
そんな機会ってのは
「スポーツジャーナリスト」以外の
一般の観客にはなかったわけです。

なので
「見た試合を記録する」ってゆう習慣など
スコアラーとか野球部員とかの「プロパー」な人以外には
あまり縁のない話であって、
自然と「試合の記憶は内々に溜め込んでいくもの」
ってゆうような風習になってたように思います。
で、
この試合凄かったからそのうちナンバーとかで特集するかもなあ、
くらいな。

そんなのんびりした時代は終わって、
誰しも
きょうみた試合の感想
とかを
気軽にメモ代わりにネット上に残しておける時代になったんですけど、
やはりそれはもしかして
「記憶の固定」の度合に関して言えば
逆にマイナスなのかもしれません。

何の「記録」も残す契機もなく、
ただただ
「今見た凄い試合」について、
何年も何年も
自分一人で考え続ける
ってゆう方が
もしかして「観客の態度」として、
シンプルでいいのかもしれません。

ま、ただ、
「いま見た試合」について書くのを
やめよう
とは思いませんけどね。

でも
「黙って見て、その後何も表立っては言わない」
ってゆう方が
「記憶の固定」ってゆう観点では優位なのかなあ、と。

難しいところですね。
コメント
この記事へのコメント
記憶
それ、ライブなんかもろですよね。だいたい、映像として記録してないし。。。
高田君の居たLibidoというバンドのライブなんて、やはり伝説ですから。
2011/11/15(火) 13:06:57 | URL | Min^2 #ulNX3H2U[ 編集]
Re: 記憶
> それ、ライブなんかもろですよね。だいたい、映像として記録してないし。。。
> 高田君の居たLibidoというバンドのライブなんて、やはり伝説ですから。

ライブ。確かに。
私も「youtube」とかにUPされてるような、
「大御所の過去のライブ」とかよりは、
サンラアーケストラとかデビッドマレイオクテットとか
ギル逝去後のマンデイナイトオーケストラとかの
「映像なし」のライブの方の記憶が生々しいです。
2011/11/15(火) 23:25:36 | URL | 辻タダオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック