全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。過度なグローバリズム懐疑派。断煙断酒断パチ継続中。
イチローさん不発でしたけど、
メジャーリーグの守備力やら
長打力やらをコンパクトに楽しめた2時間半でした。

3月29日
東京ドーム
アスレチックス4-1マリナーズ


コローン

セスペデス
の試合だった感じです。
付け加えると
ウィークスの守備力ですかね。

いやでも
ほんと内野守備は両軍とも良かったです。
「捕球」した後の動作に無駄がない、
というか
足を動かさずに上半身だけで
スパッと投げる感じは
やはりいかにもメジャーだなあ、と。
イチローのヒットの芽を摘んだウィークスも
凄かったんですけど、
そのウィークスの打球を処理して
ノーステップでギリギリ一塁で殺した
ライアンの送球とか
何気なく感動しました。

までもこの試合で一番凄かったのは
コローンかなあ、と思います。

考えても見てください。

日本国で
あの体型で
あの髪型、
そしてあの年齢
であの球を投げられる人材がいるでしょうか?
皆無ですよね。

そこのところに
感動せざるを得ない貴重な試合でした。

イチローさんに
関しましては
試合前の「練習」で
「驚異の飛距離の弾道」

「背面キャッチ」
両方見れたので、
この2試合
思う存分楽しめました。

あとは
マサヒロさんの「完封劇」と
イーグルス打線の「大噴火」を
待ちわびるのみの
今日この頃です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック