全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ライブやらリハやら創作活動やら
で、あれこれやってるうちに
WBCの日本の初戦の対キューバ
録画し損なってしまったが
ま、いいや。
字の情報しか見てないけど
ま、則本の「使いすぎ」は避けてほしいですねw

おとといは八王子びー玉で
辻タダオソロ

野球の試合や練習でお馴染みの
サトウレミーさんと
初対面のグループ
よいたまごさん
と一緒でしたが
よいたまごさんの「たまご」には
「多摩市」のたまの意味でもあるそうで
住んでるところがもの凄い近所ってこともあり
なんかいろいろ盛り上がりましたw
皆様お疲れ様です。

びー玉では
いろいろ「やらかし」の累積が
あるので
辻タダオの出番は鉄板のTOPだったわけですが
あまりにも遠い過去のように思えて
自分がやったいわゆる
「セットリスト」がよくわからなくなってますw

特に「新曲」はなく、特別カバーもなく
いつものように硬軟おりまぜのらりくらりだったかなw
なんかもうこれじゃ動物状態なんで
次からはちゃんと「意識のある人間」として行動します。
ええもうなるべくそうします。

で昨日は中前適時打のリハ。

こっちは新たなレパートリーは増える
新アレンジも出る
ってことで
さらには「販促物」もどんどん作る
となり
辻タダオソロの「いつもどおりののらりくらり」
とは真逆の世界でございますw

いまは
おぐまナンバー

辻ナンバー
を持ち寄ってる感じですが
そのうち
「全部、中前オリジナル」でもいけるんじゃないの?
みたいなねw

ま、とりあえずガンガンいきますよ。

きょうはゆっくりのんびりWBCを見ますけどね。


ほぼずっと産みの苦しみの時間
一旦、落ち着いた感じの
「音楽活動以外の創作活動」
なんだけど、すぐまた再開。
これはこれで
ずっとやっていこう、と。
やって出来ることはやる、と。

で、それやってたら
肝心要の「音楽」というか
歌のほうの「詞」もすらすら湧いてくる感じ
になってきた。
相乗効果ってやつかな。

ただ、
湧いてきて
書き付けたものが
即「人前に出せる」レベル
かというと
そうは問屋が卸さない
というか
そんなに世の中甘くない
ってのはもちろんあって
四六時中
そうやって「創作」しているということは
まあほとんどが「産みの苦しみ」の時間
ってことですよ。

で、芸風真逆の中前適時打の相方
おぐまゆきと
そこは意見一致した
ってのは
こうゆう音楽活動を
ガンガンやってて
他人様から見れば
「楽しそう」ってことになるんだろうけど
実は全く逆で
楽しいこととかほとんどない
みたいな感覚になるわけです。

ステージにあがってる
その時は
「非日常」というか
普段の自分とは違うテンションに
なるので
その一瞬
楽しいというか
ある種の快楽というか
恍惚感は得られるし、
そのうえ「出来栄え」もよくて
万雷の拍手喝采
ってなれば
幸せこのうえない
ってのは確か。
でもそれはその時だけ
のことなんすよ。

なので「出来の悪い」
ステージ
だった

自覚する日
というか
そうゆう時の方が多いんだけど
ステージで「幸福感」無い
ってなると
あとどこに「楽しみ」ってあるの?
ってゆうね。

で詞や曲を作る
ってゆう時間もあり
ステージに向けて
演奏技術をみがく
ってゆう時間があり
そのほとんどは
苦悩と葛藤の時間なわけです。

敬愛するジャズピアニスト山下洋輔は
ピアノと対峙する時間のことを
「希望と絶望の繰り返し」と
表現してまして
それ以上細かいことは書いてなかった
と記憶するんですが
「絶望」の時間の方が長いんじゃないかな
とか思うわけです。

ま、そうゆう感覚って
私やおぐまゆき
だけでなく
「人前」で
「おれがおれが」
ってゆう
ある種「わがまま」なパフォーマンス活動を
続けてる皆様は
均しく持ち合わせてるんじゃないかなあ。

まあでも
「ほんの一瞬のしあわせ」

それはそれで凄いので
それに賭けて
もがいていくしかありませんね。
禁煙法案には明確に反対しました。
屋内全部原則禁煙
ってそりゃ馬鹿な考えだと思いまして。
ってことで小谷野敦提案の
署名運動に
実名で参加しましたよ。

タバコ嫌いな人が多いのはわかりますし
自分も「値上げ」をきっかけに
禁煙して6年以上ほんとに吸ってませんし、
どっちでもいい
と静観しようかな
とも
ちょっと思ったんですけど
「東京五輪あるから世界基準で」
ってゆう
そうゆう理屈に
腹が立つわけですよ。

そんなくだらないことで
50年60年あるいはもっと長い年数
続いてる「老舗」のバー
とかの集客に影響したら
厚生労働省の役人だの
嫌煙薬作ってる会社の幹部だの
なんか責任とったり補償してくれたり
してくれるの?
って話だし、
まさに
「きれいごと」いいっぱなし

利権だけ持ってく
みたいな話じゃないっすか。

屋内原則全部禁煙
とか
言ったら
「世の中のシステム」に
順応できず
あらゆる組織からつまはじきにされた人間が
「ウチはタバコどんどん吸っていい店ですよ」
と宣伝して「小さな呑み屋」作って、
なんとか生きるための「日銭」を稼ぐ
っていう余地が
全くなくなる
ってことですからね。

ただただ
みせかけの
「健康至上主義」は
ほんとうに恐ろしいです。

本質的に
タバコの吸い過ぎ

「呑み過ぎ」
「食べ物の食べ過ぎ」

どっちがより多くの
「疾病の原因」
になってるの?
って話ですよ。
そんなもん。

でまた「お役人」が
禁煙法だの健康増進法だのを
作文して
それに基づいて
印刷屋さんや看板屋さんやらが
自動的に儲かるだけでしょ。

ほんともうね
「人類の幸福」を考えるとですね
どんどんどんどん
「禁止法」だの「増進法」だのは
「廃案」にして
法律の条文を少なくするべきだと私は思いますね。
べつに私は「アナーキスト」ではないですよ。
ただただ
「人類の幸福」にそんなに寄与しているようには
全然見えない
法律作りの官僚
とか
そんなに人数いらないでしょ

それだけのことです。

日本国ですと
「賭博」とか「売春」とか「わいせつ」とか
そのあたりが
法律あるのかないのかよくわからない
みたいな
「ダブルスタンダード」状態になってて
私はそうゆうのは全部
廃案でいいと思います。

そのうえで
人身売買やら
そうゆうことが起こらないように
シンプルに
「捜査機関」の人材を
適性に配置すればいいだけのことですよ。
道路関係の変な「点数稼ぎ」とか
風俗関係のやたら細かい検査とか
そんなところに人員配置して
「凶悪犯罪」の検挙率減らしてたら
世話ないっすよ。

禁煙法案通ったら
そこにまた
「監視」要員が増えて
公務員の人件費増えるだけじゃないですか。

賛同する余地まったくないっす。
ほんとマジで。

少子高齢化で
「人員不足」になるのはわかってるのに。
トランプとトランプ以外の対決
さて「創作活動」に没頭してたら
世の中
「ニュース」で溢れてて
なんか浦島太郎状態な感じだけど
個人的には
「トランプ」側

「トランプ以外」側
とで
対立が先鋭化する
アメリカの諸々の件が
興味惹かれる。

トランプ支持するしない

善悪の対立
とか事はそう単純じゃないなあ
とは思うのだ。

支持しない側

なにがなんでも
任期途中で大統領の座から
引きずりおろしたい
空気満々。

しかし「支持する」
とか
「隠れ支持」
とかの側は
「支持しない側」の諸々の
「言論」そのものを
全く信じる気配なし、と。

で、思うのは
闘争心剥き出し

下品で粗野

トランプ的言動
を半分くらいのアメリカ国民は
「好き」なのは
まちがいないと。

WWEとかプロレスにからめて
そのことを言う
知識人、言論人、文化人は
たくさんいらっしゃるので
私は「アメリカ映画」にからめて
問うてみよう。

いわゆる
「ポリコレ」うんざり
の空気
をいちばん象徴しているなあ
と自分が見た映画のなかで挙げるなら
やはりイーストウッドの
「グラントリノ」。

今回の大統領選では
イーストウッドは
トランプを積極的に支持はしないが
反トランプキャンペーンみたいなものは
気色がわるい
ってゆうような
いつもの「リベラルとはほど遠い」スタンス。
ほんとに「いつもの」ことなので
驚くにはあたらない。

確かオバマがらみの発言にも
「リベラルとはほど遠い」内容のものがあって
リベラル陣営から
晩節を汚した
くらいの攻撃を受けてたような記憶があるんだけど
べつにその後も
イーストウッドは平然と映画を作ってるし
でまた映画の内容も
特にリベラル陣営が嫌うような
ゴリゴリの「右翼」映画でもない、と。

ネタバレにはあたらないと
考えて書くけど
グラントリノで思い出すのは
イーストウッドと床屋のオヤジが
繰り広げる、
汚い言葉オンパレードの
口頭での「罵倒合戦」。
でそれを少数民族の隣人の少年に見せて
大人の男ってものは
これくらいはしゃべれないとな
と「教育」する
みたいなw

で、アメリカ映画ってのは
こうゆう感じの場面ってのが
山ほどあるわけだ。

ジョンフォードやハワードホークスの
古典的な西部劇の「伝統」みたいなもので
「父親が息子に喧嘩のやりかた教える」
ってゆうようなそうゆうやつ。

あるいは
「意気投合」するために
とにかく「殴り合いだあ」
みたいなのとかね。

小6の時に家族と映画館でみた
「がんばれベアーズ」
なんかも
最近見直してみたら
どう考えても
「さわやかな少年たちの感動話」
ではなく
攻撃的煽り映画
であって
まさに「ケンカ上等」思想教育
の映画だった。

そりゃまあ
全米ライフル協会は
ずーっと力を持ち続けるし
民兵やら私兵やらが
たくさんいらっしゃる国だから
「ケンカ上等」ってゆう
思想は絶対に抜けきらない
だろうと思う。

私自身は「マッチョ思想」は持ってないんで
単純に「飛び道具の溢れてる町には住みたくない」
と思うだけ。

ま、他国のことなんで
高見の見物
でいきます。

トランプを積極的に支持はしませんが
「トランプ批判しないやつは人間じゃない」
とも思いません。

安倍政権へのスタンスと同じです。

荻窪2度目は辻タダオ&dellaで
ということで昨晩は
荻窪Doctor'sBARに
辻タダオ&dellaでTOPで出演。
トリが中前の相方おぐまゆきで
その間3組の皆さんが

仮想音楽家を名乗り
「絵れ氣ギター」を
あやつる
守山ダダマ

ロードックンローラー
を名乗る
田村鉄火

詩人
青木研治

という私自身はみなさん
「初対面」の
「読む人」たち集中の異例な流れで
なんか凄いもの見た
って感じでしたw
楽器も(絵れ氣は別w)
唄もない30分ステージ3連続
なんですけど
全く飽きませんでしたよ。

辻タダオ&della
とおぐまゆき
を見に来てくれた顔見知りのお客様が

辻さんたち
読む人
のバックで吹いたり弾いたりしても
面白いんじゃないっすか
と言われまして
なるほど
とは思いました。

辻タダオとdellaは
学生の頃
フリージャズ
とか
ロフトジャズ
とか
フェイクジャズみたいなことも
やってましたからね。

ま、昨夜は普通に
辻ナンバーやらオーソドックスな進行の
インストだけしかやりませんでしたけど
ま、たまには
もっとフリーに近いこともやりますよ。

相方おぐまゆきのステージは
最近は見るとき「中前」にどう生かすかとか
考えながら見るんですけど
あらためて
「9弦ギター」って凄いこと考えるなあ
ってねw
「中前適時打」の販促物で儲かったら
「特注9弦ギターをメーカーに発注しなよ」
みたいなw

ということで昨夜は
なんとなく「読む人」たち
に気圧された感もありましたが
やっぱり全体通じて
あきらかに「狂気の夜」でしたw

皆様お疲れ様です。
つくるときの狂気
さて、怒涛の勢いで
ユニット中前適時打の
「販促物」製作に没頭してたんだけど
まあ内容はそのうち明らかにします。
人生50数年、
いままでやったことのないことを
やってみて
ま、なんというのか
無から有を生みだすってのは
歌とかも一緒で
ちょっと狂った感覚がないと
無理なのかなあ
みたいなw

同い年のシンガーソングライター
小林薫と音楽談義してたときに
「どうせおれたちみんな気Oがいなんだからさ」
って言ってたのを思い出しましたよ。

自分で作った歌を人前で披露する
なんてこと自体が
正気の沙汰じゃない
と。

冷静に考えればまったくそのとおり。

それでもやる
ってゆう
狂った人が
シンガーソングライター
なわけですw

ま、スタンスとか
取り組み姿勢とか
細かいことになってくると
人それぞれなんでしょうけどね。

ま、今回は歌以外のものを
作ってみたわけですけど
いろんな者になりきって
「正気じゃない世界」のあちこち
に行ったりきたりするのも
おもしろいなあ
と思いました。

正気の世界
に戻って来れる
ってのが
大前提なんでしょうけどね。

いや戻ってこなくてもいいのかなw

ナチュラルハイな感じの
「芸術家」
ってほんとに
ずーっとハイだったんだろうなあ
みたいな。

岡本画伯とか
ヤスジ師匠とか

そこまで狂えたら
本望だとは思いますけど
なかなかそうはなれないのが
普通の小市民。