全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ほんと「おもひで」しか書きませんので役には立ちません。
で、その「おもひで」を語るときに、
業界用語とか専門用語を使わない事には
細かいニュアンスも伝わらないし、
文章に説得力もない、
ってなことになろうかと思われますが、
なにしろ
「語句そのものは出てくるが意味は忘れた」
とか
「確か意味はこうだが語句が出てこない」
とか
「どっちもでてこないのでなにがなんだか」
みたいなことになってます。
ははは。

そんな状態で「パチスロ4号機時代」の
記憶をね、
ちょいとこう振り返ると。

ユーザーの人も業界内の人も
「あの頃は良かったなあ」って
考える方が多いのではないでしょうか。
「射幸性」が最も高かったわけですから、
打ち手からすると出れば物凄く楽しい、
お店側からすると高稼働でみんながガンガンお金使うので儲かる、
みたいなね。

さて私はというと、
個人的に4号機時代は
「暗黒」の時代でしたね。
何故かと言うと
「店舗責任者」だったからですよ。
冷静に考えれば4号機のおかげで
業績は伸長し、自分の収入も増えた
のも事実なのですが、
それよりなにより
4号機の特徴である
「予測不能の爆発ぶり」に右往左往させられた記憶の方が
強烈なのですよ。

ちょっともうほんと記憶が曖昧で恐縮ですが、
4号機の場合の「設定」は1~6までの6段階だったかと。
数が多ければ多いほど「出る」と。
6は出る。1は出ない。
ってほとんど赤ちゃん並の説明ですが、
1,2,3,4,5,6それぞれの「出玉率」は
遊技機の取扱説明書には明記されたかな。
ただいずれにしても
日々の営業がその「出玉率」どおり
になることはまずございません。
6を打ってた人が負けて
1を打ってた人が勝つ
とか珍しくもなかったですよ。
おおげさでなく。

ってことで
予算管理にてこずりまくり、と。
丼勘定で商売しているわけではないところに、
「わけのわからない挙動をする仕様の機械」だらけなんで、
予算の進捗に関して
しょっちゅう頭さげてたような。

で、ふいに1万枚2万枚3万枚へたすりゃ4万5万枚もあるよ、
ってゆうことはですね、
「日銭商売としては動く金額がかなり大きい」
ってことです。

でもうその頃から当然
「コンプライアンス重視」の世の中ですから、
管理項目がガンガン増えるわけですよ。

「設定が設定表どおりで合っているのか
必ず相互チェックをしなければならない」的な
ルールがどんどんどんどん増えるのです。

ま、でも守らなきゃいけませんからね。
ルール増えるの嫌だなとか言ってられないわけです。

ってことで、
「4号機時代」は
「やたらと仕事量が増した時代」ってゆう印象でして、
さらに言うと
「1万枚は普通」ってゆう4号機において
わたくしプライベートで1回も「万枚」経験しませんでした。
まったくもって暗黒の時代としか言い様がありません。

そりゃおまえのヒキが弱いだけだろ
と言われりゃ
それまでのことですが(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック