全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
さて大津のいじめの件だが、
わたしは前職パチンコホール業界だったので、
「悪い人」との戦いに明け暮れていたわけで、
この事件を報道から知る事実のみで考えると、
「大人がヌルい」ってゆう印象は大きい。

ただ自分も「悪い人」との戦いで100%勝てたかというと
そんなことはなく、
なにしろ悪い人は「口がうまい」ので
「ああ、今回は完全に丸め込まれたかも・・・・」
みたいなこともあったような気がする。
というか、
なんか
「それはあなたの対応に甘さがある」
とか上司の人に怒られた記憶もある。
きちんと対処して
排除したことの方が多いのだが、
数度の失敗の方が記憶に濃く残っているのだ。
というかその「失敗」で
ぐうの音もでないくらいに「責任」取らされた。
それに関しては、処分を下した上司の人にはなんの恨みもない。
やられちまったおれがその時間抜けだっただけなので、
ただただ「悪い人」を恨むのみである。


というようなかんじで
「悪い人との戦い」は
常日頃から行われている
のが大前提だったわけだ。

そのうえで
「情報共有」をして
場所の離れたお店同士でも連携を図る、と。

で、「悪い人から受ける被害」ってものを
最小限にする、と。

そうゆう思考回路で仕事をしていたように思う。

なので、
今回の事件でいろいろ明るみにでてきたあれこれとか
どう考えても噴飯ものであって、
少なくとも
「教育現場に公権力が介入すべきでないとかうんたらかんたら」的な
ありがちなものの言い様、は最早まったくもって
説得力ゼロ
だと私は断ずる。

私はあの「中島みゆきの世情が流れる金八先生の神回」
と学年が被る者であるが、
それに関して言えば
「それはそれ、これはこれ」かな、と。

こうゆうことは
「目の前で起こったこと」に
対して、どう素早く対処するか?と。
それが全てなのだ。
反射神経なのだ。

ということを考えれば、
「教育現場」に関しては
学校も教育委員も
地元の人間が携わってはいけない、
とか
そうゆうルールを作ったほうがいいのではないだろうか。

教職員とか「地元じゃなきゃいやだ」とかいう人は
適正ナシ、ってことにして
短い期間でしかも広範囲の地域で異動させるべきだろう。
そうゆうお役所だって実際あるわけだから。
教職員はそれに馴染まない、とか
理屈が通らない。

教職員も行政職員も教育委員も
全員地元ずぶずぶの人材です
とか
そうゆう人材登用制度は
来年からやめるべきだと私は思う。

それで「いじめ自殺」が減るかどうかはわからないけど、
いくらかマシな状態になると思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック