全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
夏場に心地よく働けているのですが、
やっぱそのほんとに暑いんで、
省力化を図りたいと考え、
せめて「草取り」くらいは
機械化とかダメっすかね?つって
農業の先達の人にお伺いを立てたら、
ここは住宅地なので有り得ない
と一蹴されまして、
まあ確かに機械音を高らかに響かせる場所ではないし、
そこはもう納得せざるを得ないので、
せめて全部手作業じゃなくてなんか道具とかないの?
って尋ねたら、「鍬」を使えば楽だ、とのこと。
え?鍬あるじゃないですか、とっとと使いましょうよ!!
つったら、「経年劣化で木でできた柄の部分が縮んで
振り下ろすと外れちゃうので危なくて使えないので、
いま水で濡らして柄の部分を水ぶくれさせてるところ!」とか
素人にはわけのわからないことを言ってました。
それなら帝人か東レの「最先端素材鍬」を買おう!とか
思ってしまいました。そんな製品があるのかどうかはわかりませんが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック