全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
「現在」であること
さてなんだかんだで、
明日、というか本日は夕方から駐停車の実技のコマを予約。
で、農業系のほうの諸作業もあるんで
しばらく泊まり込みの単身赴任で、
さらに土曜には銀座TRILLさんでのライブもあるので
その仕込み作業も実施予定。

で、ここのところ
自分にとっては「超」非日常であるところの
教習所通いがクライマックスに達しようとしてるので
なんだか変なテンションの上がり方になっちゃいまして
すいません、という感じです。

で、言いたいのはただひとつ。
人はそうそう「悟りの境地」には達しない、と。

ぶっちゃけ自分は
WEB上での活動を開始して
そろそろ10年になるんですけど、
なんというのか
おれさまだけは大丈夫
ってゆうような
変な「全知全能」感を抱いてました。
根拠もなく。

ということで、
これは今後の努力目標なんですけど、
歌を作るにせよ
小話的な文章を書くにせよ
とにかく「いま現在」の状況を描きたいのです。

このことを強く意識したのは
アラフィフシンガーソングライターの
六弦舎さんつながりの
水谷さんのMCにおける言葉でした。

細かいことは忘れましたけど、
「シンガーソングライター」として
「現在」を唄うんだ
と力強く宣言されてました。

もちろんわたしは水谷さんではありませんし、
「現在」をどう唄うかは
人それぞれでしょう。

その「人それぞれ」のスキルでもって、
できるだけ「現在」に近づきたいと思っています。
近づけずに
「過去の遺産」に寄り添うこともあるかもしれません。
それはそれで
自分の心のおもむくままに対処します。

そこいらへんは
このブログのタイトルにもある
「全力リラックス」路線を踏襲します。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック