全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
思い立ったが吉日
さて新年一発目の江古田マーキーのライブで
一曲だけカバー曲をやったんですけど、
それはロシア民謡由来の「悲しき天使」ってゆう曲で
英国のメリーホプキン版で有名な曲ですけど、
日本語でもいくつかのバージョンがあって
私は「森山良子バージョン」に馴染んでました。
で90年代にレニングラードカウボーイズが
「物凄くおおげさ」に演奏してるのに触れて、
あまりにも楽しそうなのでおれもやろう
って思ったわけです。
で、youtubeでレニングラードカウボーイズの動画を
いろいろ見てて、ふと
なんで氣志團がカバーしないんだろう?
と思ったので
ソニーに
「音楽好きの一市民より氣志團さんへのリクエスト」

メールしておきました(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック