全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
さて興奮さめやらぬって感じですけど、
昨日のWBC2次ラウンド
台湾3-4日本
の試合ですけど、
まあもの凄い試合でしたよね。
謎采配多発で個々の選手のプレーに雑な面も
かなり目立ったわけですが
一球ごとに局面がどんどん変化していく
スリリングな試合だったのは間違いないです。
台湾の主軸打者とか
通用する投手がいないじゃないか、ってゆう感じで
実にこわかったですね。
鳥谷の盗塁→井端のタイムリー
の場面は
まあ伝説レベルでしょう。
「10・19の第一試合の梨田のタイムリー」
に匹敵するものがありました。
で、その梨田氏もいるベンチの件ですけど
①糸井のバント
②代打長野
③田中8回続投
あたりが特に疑問でしたが、
負けてたら
「鳥谷の盗塁」がまたもっともクローズアップされたんだろうな、
とか
考えるとほんと野球は何が起こるかわかりませんね。

で、自分は
安心のブランド「実況島村俊治」目当てで
スカパーでずーっと見てるんですけど
解説は小宮山&海外事情に詳しい人で
実に静かに淡々と快適に視聴できましたが、
なんか地上波は物凄かったみたいですね。
いろんな意味で(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック