全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ライブのはしご
は、さすがに初めてだなあ、
ってことで、
昨夜は高校の同級生がフルートで出演する
「タンゴ・アリエンテ」さんのコンサートを
渋谷に見に行き、
生のバンドネオンの音色というのを
生まれて初めて距離至近で堪能しまして、
終了後は同級生のみなさまと旧交を温める会話なども
しつつ、散開後には
シンガーソングライター系の旧知のみなさまが
出演していたGINZA TRILL「タルティーニの夜」の
セッションタイムから「お客様参加」しまして、
当夜唯一「初対面」だった大山さんは本場スペイン帰りの
フラメンコギタリストってことで、
1曲特別にソロで弾いてもらったりなんかして、
まったくもってワールドワイドな一夜だなあ
と思ったので、
求められてピアノに向かって演奏したのは
自分のオリジナル曲ではなくて
例のロシア起源の「悲しき天使」歌詞森山良子版
構成レニングラードカーボーイズ版だったのですが、
ノリのいいオーディエンスのみなさま(笑)が
わたしの意図どおりに場末の歌声喫茶風のコーラスとかハモりとか
ガンガンいれてくれたりなんかして
感謝感激雨あられの一夜でしたよ。

で、しみじみ
いろんなタイプの「生の音楽」を聴こうと思ったら、
その種類の豊富さに関して
東京は世界一なのではないか、
とふと思ったのでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック