全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ぶっちゃけ北野作品全部は見てません。
「第2位」

なので、
そんな段階で
ああだこうだ言うのも
どうかと思ってたんですけど、
そんなに自分を縛ることもないかな、
ってことで、
3-4x10月 [DVD]
3-4x10月 [DVD]
posted with amazlet at 13.06.19
バンダイビジュアル (2007-10-26)
売り上げランキング: 32,053

これなわけです。
自分の記憶が正しければ
「封切り直後」に映画館で見た
北野作品は
デビュー作の「その男凶暴につき」と
この作品のみで、
「ソナチネ」とか「HANA-BI」も
tsutayaのDVDとかスカパーだったかなあ・・
初見は・・
なので音楽の「久石ワールド」を映画館で
体感してないんですね。

自分はバリバリ文系学部にいたので、
文化芸術はやっぱ
「生」の「モノホン」を
「現場」で見よう
的な教育は
多少なりとも受けたんで、
野球ならスタジアムに
映画であれば映画館に
落語なら寄席に
とか
できるだけやってました。
で、卒業して働き始めてからは
なかなかそうはいかなくなってきて、
「とりあえず野球だけは現場で」
みたいな感じになって、
学生の頃は
「年間3ケタ」は余裕だった
「映画館で映画を見る行為」

「2年に1回」
くらいになってたわけです。
ましかし、
それはそれ
なので
そのことを悔やむとか
そうゆう気持ちもサラサラありませんけどね。
ははは。

TSUTAYAのDVDで色々見た印象ですと、
やはり「ソナチネ」と「HANA-BI」が
北野映画の極致なのかな
って個人的には思います。
冷静に考えると。

で、この映画を「封切り」で見た時、
間違いなく
上映2回連続

つまりは
同じものを2度
4時間くらい
その同じ劇場のなかで
過ごしました。

当時は
それが可能でしたからね。

で、いま日本映画専門チャンネルで
「北野武劇場」定期的にやってるんですけど、
劇場では見ていないけど
DVDや同じスカパーで
見たことはある
「ソナチネ」

「HANA-BI」

「菊次郎の夏」
とか
最初何気なく見始めるんですけど、
滅茶苦茶引き込まれますね。

欧米の映画の巨匠である、
ジョンフォード
とか
アルフレッドヒッチコック
とか
たくさんいらっしゃいますけど、
同じ映画

違う年齢になって
再度見ると
全然ちがったものに感じる
ってゆうのは
凄く重要な事実だと思います。

そういう意味では
「世界の北野」
って掛け値なしの
キャッチフレーズ
だと
私は個人的に思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック