全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
飛ぶボールに変わったのに、
ホームランゼロに抑えた
投手の皆様を素直に褒め称えよう
って感じのオールスターでしたよね。

7月22日いわき
パ3-1セ
勝ち益田
負け山本哲
S青山

TV観戦だったわけですが、
外野守備もなかなかよかったし、
締まったいい試合だったと思います。

60年ぶり
本塁打ゼロ

まあ
MLBは年一試合に対し
NPBは少なくとも2試合以上やるんで
特にどうこう言うこともありますまい。

で、だからといって
メジャーみたく
1試合にしろ
と強調する気もございません。

震災後
毎年
東北のどこかで試合が開催されることの意義
ってのも
特に今年は痛感しましたので。

個人的には
岩隈と「ベストバッテリー」を受賞した藤井が
今年「オールスター初出場」だったってのを
意外にも知らなくて、
でこの試合で「初安打」で
セリーグのベンチ皆で盛り上がってたのが
印象的でしたし感慨深かったです。

あと
同点タイムリーを
シレっと
放つ大谷は
やっぱマジで
別格だと思いました。

漁夫の利
みたいな感じで
「ホームランダービー」
をAJが獲ったし、
青山もノリの投直処理でセーブあげたし
自軍としては
なかなかナイスな終わり方なオールスターだったと
思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック