全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
農作業ではなくライブ準備に集中している為、
時間差投稿。

8月20日山形
E5-9F
勝ち谷元
負け上園
中田28号アブレイユ26号

ま、とりあえず
この連敗が
田中、則本のところに及んだところで初めて
慌てる。
そうならなければ慌てる必要はない
って感じでしょうか。

やはり「打ち勝つ」しかない展開でしたが、
ちょっとツキもなかったっす。
二岡や今浪のタイムリーは
「飛んだコース」でしたし、
逆に自軍は「当たりは良くても正面」みたいなの
多かったし。

で中継ぎの質は
いくら昨年の勢いはないとはいっても
谷元、石井、増井、宮西
とかが出てくるファイターズの方が
上園、片山、菊池、金刃で回さざるを得ない自軍より
一枚上手ですね。どう見ても。

なので敗因はあきらかに調子の悪かった木佐貫から
5点しか取れなかった
というところでしょう。

この試合に限れば
3番4番の差が出ました。

そこいらは
そうゆうこともある
と割り切るしかないですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック