全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
正直途中でロッテー西武とかとザッピングしました
10月1日札幌
F2-11E
勝ち田中
負けトーマス

序盤で2失点
と昨今のなかでも
「絶不調」の部類の絶対神田中。

しかし結局
ここ数試合の大不振がまるで嘘のように
打線が援護しまくりで
結局シレっと23連勝。
6回100球未満で余裕の降板。

実際、
WBCがらみで
相手のエースとの「直接対決」が
ほとんど新人の則本に回った
ってゆう側面があるのは確かなんすけど、
それを鑑みても23連勝ってのはやはり
驚異的としか言い様がございません。
でまたその新人の則本が二ケタ勝ってるわけですから
チームとしても実に立派だったと思いますよ。

ほんとあとはCSですよねえ・・・・

ここ最近ようやく
CS制度に批判的だった落合氏の
気持ちが判るようになりました(笑)

でもまあ
だからといってCS廃止派に鞍替えするつもりもないっす。

自軍のペナントレースが終わっても
他チームの奮闘ぶりで
十分ゲームは堪能できましたもの。

贔屓チームとは何の関係もない試合でしたが、
引退した斉藤和己の崩れ落ちる様
とか鮮明に記憶に残ってますし。
あのとき特にファイターズに肩入れしてたわけでもなく、
一野球ファンとして
ああ野球って怖いしそこがまた美しいよなあ
みたいなね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック