全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
田中則本を並べたのだが則本で負けた
ってのはかなり痛いわけです。
明らかに「連勝」狙ったローテーションですからね。

10月18日仙台
E2-4M
勝ち内
負け金刃
ジョーンズ1号ブラゼル1号聖澤1号

まあ結局
初回のAJの「三直併殺」、
滅茶苦茶不運だった
と割り切るしかないかなあ、と。
飛び出してた岡島が悪い
とかは言い切れない打球でしたからね。

則本は9回1失点二けた奪三振
まったく文句のつけようのない内容ですよ。

そんなわけで敗因は明らかに打線にあるわけで、
昨日の「病み上がり」成瀬
に続き
「久々一軍登板」のグライシンガー
から1点も取れず
ってなんですか?それ?
みたいなね。

高めのボール球
に手をだして初球凡退、三振、併殺
とか
そうゆうのが目白押しでした。
これじゃ勝てません。

あとはまあ普段あまりやらないバントを
多用してことごとく裏目の件ですけど
そこはまあ特にどうこうはないです。
ただ1点だけ疑問なのは終盤における
「無死1塁走者聖澤」の時の岡島へのバント指示ですかね。
走者聖澤なので「盗塁」または「エンドラン」でも
よかったんじゃないか、と。
しかもマウンドにいたのは
Kスタでカモにしてる益田でしたからね。
完全に相手をアシストしてる印象でした。

ま、いずれにしても
相手は「短期決戦の鬼」ですんで
グライシンガーを88球で降ろして継投したり
サブローを見切ってブラゼルを送ったり
とかそのへんが「当たり」だったってことを
噛みしめて
明日以降の自軍の戦いに活かしてもらいたいものです。

かなり痛い負けではありますが
相手のブルペンも不安
ってのもわかりましたし、
AJが神がかり的好調なので
まあそう悲観することもありますまい。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック