全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
日本シリーズ初進出キマシタ!
CSファイナルステージ第4戦
10月21日仙台
E8-5M
勝ち斉藤
負けカルロス・ロサ
S田中
ジョーンズ2号マギー1号GG佐藤1号

いやあ最後の最後に
「派手に」勝ててよかったっす。
なんか上原とか出てるメジャーのポストシーズン
を見て、
ひるがえって自軍の戦い見ると、ちょっと迫力に
欠けるよなあ・・と正直感じてたので。

まあその迫力を演出したのは
確かにAJ&マギーではありましたが、
終盤の斉藤→則本→田中
の投げっぷりもメジャー風味でした。
この試合は特に則本が凄かった。
田中だけのチームじゃないぞ!
ってのをアピールするかのような
鬼の投球でした。
最後ブラゼルのど真ん中直球
危ないといえば危なかったですけど、
無理矢理押し切ったところがカッコよかったっす。

GG佐藤に辛島が逆転3ラン浴びた時は
またかよっ!
みたいな感じでずっこけましたが
すぐさまAJの再逆転2ラン
ってゆうそこからの試合展開は
野球の面白さ凝縮でしたよ。

おとといまでは
田中則本再投入無しで
終わりたいと思ってましたが
前日の雨天中止が逆に「丁度よい」
再投入のタイミングを呼び込んだ感じですね。

ただまあ
相変わらずブルペン陣は
「投げてみないとわからない」状態ですので、
日本シリーズも田中則本にまたこの試合みたいな
登板がまたあるでしょう。
なので今日捕まった辛島には再度奮起してもらって、
なるべく長いイニング投げてもらいたいところです。

ってことで
チケット先行抽選は
いまのところ全部ハズレなので、
3戦目~7戦目のチケット「一般販売日」に
全力投球で取りにいきます(笑)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック