全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
中高大の青春時代に
twitterで炎上しちゃって大変
みたいな方々もちらほら登場する昨今のことを考えると
つくづく自分の中高大時代にネットがなくて良かった
としか思えないのであった。
もうほんと
「戦争を知らない大人たち」ってゆうような
唄を作ってもいいんじゃないか
と、痛感するレベルの話だと思う。
がしかし単純な話
「見なきゃいいだけじゃん」
ってゆうのも真理である。
私はかつて「職場」関係で
2ちゃんねるの
「筆舌に尽くしがたい罵詈雑言」を浴びた経験があるのだが
ほんと単純に
「見なきゃいいだけ」なのだ。
実際「Oね!」とか「Oろす!」とか
書いてあったとして
よっしゃじゃあ返り討ちににしてくれる!!
とかはりきっても
全くのムダなのである。

でそれとはべつに
インターネット上のやりとり
じゃなくて
職場=つまり「営業店舗」の目の前で
「おまえらの業界の悪逆非道の行いは
めにあまる!!」
とか叫ぶ男がある日いた。

私は下手に出て
ご機嫌をとる
というようなことは
一切しなかった。

「うるさいから帰れ」
と一言。
以上終了。

でなきゃ
子供電話相談か
朝日新聞の読者投稿にでも投書しやがれ
と。
言ってやった。
あんたにも言論の自由はあるだろう。
だがそれは
ここで発揮すべきものではない
と。


その後彼が電話や投稿をしたかどうか

当方の知ったことではない。

「敵」は
どこまでいっても「敵」だ
ということを
悟った一瞬であった。

「話せばわかる」
とか
寝ぼけたことをいってはいけないのだ
と悟った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック