全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
さて人生一寸先は闇だしそれがまた面白い
そんなわけで
年末ってやはり知人の皆様のライブも
たくさん開催されてまして
行けたり行けなかったりで恐れ入ります
って感じでして
そんななか「ライブのお誘い」のメールに対して
「地元でビッグバンドを作りましょう!」
とか反射的に返信していた自分がいたのです。
で、ビックバンドを作ろう
って話ではあるんですけど
「バンドのための民話」も間近で聞きたい
ってゆう強いご希望もあったりなんかして
もうこうなりゃなんでも来い
って感じになってます(笑)
ちなみに「バンドのための民話」は
中学時代にユーフォニウムで吹いたことあるんで
ほぼ頭から終わりまで唄えますね。
こぶ平改め正蔵師匠も吹いていたあの楽器は
意外と「主旋律」を担わされることが多いので
自分にとっては「歌心」を涵養するのに役立った気がします。
スーザの有名行進曲とか
ほとんど全部主旋律って感じだったなあ。
まあまだ「設立構想に着手」したばかりなんで
そうそう簡単にメンバーは集まらないかもしれませんし、
とりあえず「バンドのための民話」を
少人数でもなんとかやりきる創意工夫とかも
視野にいれて動きますよ。

までもとにかく
主眼は「ビックバンド」ですよ、
ということは
これからのミーティングのなかで
丁寧迅速に説明していこうと思います。
あ、もちろん
「楽しいビックバンド」を目指しますよ。

自分としては
どちらかと言うと
「電子音」多目の
70年代以降のサウンドを
中心に据えたいところです。

ジャズのみにとらわれず
「なんでもあり」的な感じで
やろうと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック