全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
「意見の表明」なのか「批判」なのか「圧力」なのか「誘導」なのか
よくよく見極めてかんがえるべきだよなあ、
とつくづく感じる昨今
ほんと「二者択一」でいますぐ白黒つけたい!!
的な諸問題がいろいろ持ち上がってますね。
悲観的に考えれば
世の中ギスギスし過ぎ!
となりますし、
前向きにとらえると
微温的で馴れ合いばかりが目立った
日本の言論界も国際水準に近づいた
とゆうふうにも考えられるわけです。
自分はどっちかってえと
後者に近い立ち位置かなあ。

まず
赤ちゃんポストのドラマの件ですけど
もうドラマ自体を全く見る気がないんで
なんとも言えないわけです。
震災直後にちょっと色々ございまして
なんとなくその「やたらと感情的になっている人物」
の描写とか神経に触るんで
「自分の身を守る」ためにあえて見ないようにしてます。
でこのドラマは各種記事を読むと
修羅場や愁嘆場
のオンパレードであることは
どうやら間違いない、と。
となれば
今後も未来永劫見る気は起きないので
まあノーコメントかなあ。


ということで、
たった今私が行った「言論行為」は
私は見たくないものは見ない
というただの「意見表明」なわけです。
他人にそれを強要しようというニュアンスも
一切ないですよね。
そこはちょっと念を押しておきます。
ということで
擁護派
批判派
放送中止強硬派
のどの陣営の批判も擁護もいたしません。
いたしませんが
言論の自由絶対死守派
でもあるので
「放送中止」はちょっとどうなの?
と少し思ってます。

見てないし見る気ないので
どうにもこうにもってところです。

ということで
「思想表現の自由」
には
「関わらない自由」
もある
ということは強調しておきましょう。

君は大人として社会人として
我が社の社員として
世の最新トレンドを無視して
仕事をするつもりか
けしからん!!
という「御意見」もあるでしょう。
その御意見は最大限「尊重」いたしますが
やはり「個人の領域」ってものに
譲れないものはある
と。
それだけのことですね。

で次は
ファミマのフォアグラ弁当
の件です。
苦情22件で販売中止、と。

理屈はイルカ猟と同じで
「殺し方が残虐」ってゆうやつ。

論外ですね。

ってことで今の私の
言論行為は明白な「批判」です。

そんなこたあ知らねえよ
フォアグラ美味いから喰うよ!!
ってのも
普通に「文明人」の態度だと思いますよ。

もっとも私フォアグラ食べたことございませんが。

さて次は「圧力」ってことですけど、
過去私が行った「圧力」行動は
2004年の「球界再編問題」で
反対運動に出向いて署名した
ってゆうあの1件のみです。
まあネットでも散々色々書きましたが
それはあくまで「批判」や「意見表明」の範疇です。
それに対し
「有志が行う請願活動において署名する」
というのは
明白な「圧力」行動です。
でそのことを悔いることは
未来永劫ないでしょう。

ということで、
言いたいことは
ただひとつ
「意見表明」
であれ
「批判」
であれ
「圧力」
であれ
「誘導」
であれ
誰しも気軽に出来る世の中になればいいのに
と。

「意見表明」

「批判」

「圧力」

「誘導」

一部の特権階級のみが出来る
という世の中ではないはずです。

さて
最後に「誘導」ですけど、
次回の辻タダオ江古田マーキーライブは
3月5日(水)でございます。
他のどこでも絶対に見られない類のステージにしますので
是非ともご家族お友達お誘いあわせのうえ
お越しくださいませ。

ってことで
「誘導」してみました(笑)










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック