全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
そんなマンガやドラマみたいなことが
そうそうあるはずはない、

普通に暮らしている大多数の人は
日々そう思っているのでしょう。

実際、
「世間」を知らなかった学生時代までは
私自身ものほほんと暮らしてましたし。

でその後
あまり「普通」ではない
パチンコホール業界に20年身を置いたので
マンガやドラマみたいな出来事に
遭遇しまくりでしたよ。

アルバイトの面接の時なんかでも
「この仕事、マンガやドラマみたいな
出来事が頻繁に起きますので、その覚悟を
持って臨んでもらえますか?」
とかテンプレート的に使ってました(笑)

しかしそういった諸々の「出来事」について
ここに書くつもりは毛頭ございません。
その理由も述べません。

ということで、
そんな私ですら
「偽作曲家&ゴーストライター」事件
には
真面目に驚愕してますよ。
わけがわからなすぎて。

偽作曲家さんの
「NHKスペシャル」
妻が録画してたのを
一瞬見た記憶あるんですけど
速、視聴をやめて
PCに向かって、
ヘッドフォンしましたよ。

これは私の「審美眼」が確かだから
ではなく、
「趣味嗜好に合わないので関わらないようにしよう」
と思っただけなのでした。


で今回の事件報道まで
「現代のベートーベン」という用語すら
知らなかったくらいに
全くなんの興味ももってなかったんですけど
まず「売上16万枚」
ってことに驚きました。

で、いろいろなサイトで
「ほぼ大絶賛」の
業界人、知識人の評
が揶揄的にさらされているわけです。
その内容にも驚きました。

一体世の中どうなってんだ?
みたいな。

偽作曲家&ゴースト
の当事者2名
だけの問題なのか?
みたいな。

とりあえず2009年の芥川作曲賞において
三枝氏の強い推薦を蹴った
斉木氏、松平氏のコメントが聞きたいですね。
まあ関わりを避けて「ノーコメント」かなあ。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック