全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
森元首相の発言が
「全文読むとそんなにひどくない」
問題が浮上してまして、
たしかにその通りではあると思います。

だからと言って
森元首相の人物評価を
全面的に見直す
という気持ちにも
個人的にはなりません。

ま、そのへんは個人差
って
ことで。

いずれにせよ、
「報道機関の悪意」
ってのは
未来永劫なくならない
と肝に銘じて接する他はない
とあらためて思いましたよ。

強調しておきますが
国語能力が劣っているので
文脈にもとづいた「要約」
すら出来ない
社会人としての
基本的スキルを欠いた
人材しか集まってこない
「報道機関の能力劣化」
ではなく
個々人の能力の優劣とは関係のない
何十年も続く
「悪意」は
昔と変わらず
これからも存在し続ける
ということなのです。
事の本質は。

そう捉えたほうが
当たっているのではないか
と思います。

ゆとり教育その他の影響で
報道機関に携わる人間の
能力が劣化しているのではないか?
とか
ちょっと前まで自分も思ってましたが
それは決定的な間違いでしたね。

最初から「悪意」がある
ということですよ。

森元首相を
擁護はしませんが
報道機関は「能動的な悪意」を
自由自在に発揮しまくる
ということが
よく判った一両日でした。

真面目に
「国語教育」は
インディーズで実施する他ないのかな
とか
それくらいの危機感はあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック