全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
「盛り過ぎは嫌だ」という価値観を許容してもらおう
つまり、
偽ベートーベン

AKB商法

盛り過ぎ
って感じる人種なんですよね。
私は。

そんなに濃くなくていいよ、
いろいろ工夫しなくていいよ、
って感じでしょうか。

もうちょっと
わびさび
とか
隙間
ってものを大事にしようよ
とかね。

結局電通の「鬼十則」が
浸透し過ぎなんじゃないでしょうかね。
世間一般あらゆる分野において。

例えばわたしは野球好きで
イーグルスの試合をなるべく生で見るようにしてますが
私設応援団の皆様が作る「選手ごとの応援歌」とか
全く知りませんし、
これから覚えようとも思いません。

で、いまのところ
「内野席でまったり見る」
ことが可能なので
私も野球を生観戦できるわけですけど
これがたとえば
「ホームチームのスタジアムは
360度全員、各選手の応援歌を覚えて
熱心に歌わなければならない」
ってゆうことになるのであれば
わたしは二度とスタジアムには行かないし、
野球そのものも見ないでしょう。

つまり
「盛り過ぎ」の「強要」は
あってはならぬことだ
と私は思うのであります。

無論「盛り過ぎ」くらいが丁度いい
と考える「イケイケ」の方々の存在を
私は否定しません。
なので
「鳴り物応援撲滅」を訴えるつもりもありません。

ただ「盛り過ぎは嫌だ」派の
居場所さえ確保していただければそれでOKなのです。

というか
「盛らない自由」を確保しようではないですか。

「飲み過ぎシール」
ならぬ
「盛り過ぎシール」
とか
開発したいところですよ。
ほんとマジで。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック