全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ブックセンターいとう聖蹟桜ヶ丘店の閉店を悼む。
2月16日だったようです。
あの大雪の頃ですね。
その近辺からたまたま聖蹟方面に
足を向けることがなかったんで、
昨日いつものように、
「一駅散歩」感覚で歩いて出向いたので
店の前で唖然呆然でしたよ。

3フロアーあって
1階はゲーム関係
2階はマンガと文庫
3階は専門書と岩波系の文庫と専門雑誌と奥にアダルト
みたいな作りで
2階と3階で2時間くらいは平気で時間つぶしてたんですけどね。

ちなみにいつも家族で出かけてたんで
「奥のアダルト」には
一度も入ったことないです。

その「アダルト」を除く3階部分は
ブックオフにはないノリがありまして
現代教養文庫とか旺文社文庫とか
そうゆうのがザクザク無造作に置いてあったり、
学術書関係も深い感じのものがいっぱい置いてあったり
とにかくブックオフではまずお目にかからない本
がいっぱいあったんですよ。
ですので残念です。

まあつまり
「ブックオフではまずお目にかからない本」
ってのは
需要があまりない
ということなのでしょうね。
寂しい限りでございます。

多摩市に住みついて8年間
何回行ったか数え切れませんよ。

8年間での最大の想い出は
「長谷川伸全集 全14巻」
の「7巻だけ欠品」という計13冊を
確か3800円でGETってゆうあの時ですね。
いつだったか忘れましたが。

残ったお店で
なんとか「ブックオフにはないノリ」
を維持して欲しいところです。
厳しいとは思いますけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック