全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
無傷の田中大明神&ペーニャとAJが幻のホームラン
5月15日仙台
E-B
2回降雨コールド

まあ主審の判断は正しかったと思います。

AJもペーニャも
笑ってましたしね。

で、海の向こうじゃ田中が
相変わらず勝ちっぱなし。
しかも「今季最高」の内容で
メジャー初完封のうえ
交流戦なので初ヒットも記録、と。

自分は「録画実況」のスカパーを
見てたんですけど、
こうなってくると
メジャーの投手陣とか
投手コーチとかが
いままでの価値観をかなぐり捨ててくるんじゃないか?
かなぐり捨てて「ボール球を有効に使う」
日本式投球術を導入するんじゃないか?
的なことも実況解説の皆様が言ってましたけど、
そのへんの良し悪しの
価値判断は微妙なところです。
いやべつにそれはそれでいいんですけど
「試合時間」は確実に長くなりますからね。
というか田中の投球は
どんどんストライクを投げ込む式
であったのでちょっと論点はずれてる気もしなくはないんですけど、
「日本野球の特徴」ということでは
合ってますからね。

花巻東の選手の
「カット打法」が
議論になりましたけど
ここいらも微妙ですね。
まあ自分はそれも
「表現の自由」だとは思います。
でもメジャーの
「力対力」で
だめなら涼しい顔でベンチに戻る
ってのもまた
「表現の自由」
なのかな、と。
難しいところですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック