全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
16球団化はいまのところ各方面様子見なのかな。
予想どおり「安倍憎し」で叩かれてる面もありますが
無党派層の野球好きである自分は
淡々と支持するのみです。

水面下ではすでにいろいろ動いてるのかなあ
という感じもしますね。

いまのところはっきりしているのは
静岡市はこの発表以前から
「誘致活動」を始めていた
のでこの構想に関しては「歓迎」してる

それぐらいですかね。

あとは細かい情報は何もでてないですね。

参入したい企業が存在してるのかどうか
あるとするならどこなのか
等も重要なんでしょうけど、
なんといっても「NPB」という組織そのものを
誰が音頭をとってどう変えていくか
がいまのところさっぱりわからないわけです。

球界再編問題となると
毎度のように威勢のいい啖呵を切る
渡辺氏の言葉もいまのところ伝わってきてないですし。

ただ政権サイドと読売グループの首領が
こうゆう件で何の連絡もとりあっていない
とは考えにくい気がします。

とりあえず「構想発表」
でアドバルーンは挙げてみたよ
ってところでしょうか。
で様子見るよ、と。

2004年に前のめりに
「1リーグ10球団化」を目指して
世論誘導めいたことまでやって猛進しようとしたら
完全に裏目に出たでござる
という過去があるので慎重になっているのかもしれません。

もう「球団数削減」とかは言えないぞ、
みたいな。

でいまのところ
既存球団の移転やら合併やら
とかは構想に盛り込まれておらず
純粋に「4チーム増設」という案ですから、
既存球団のファンから表立って文句をつけられるようなことも
そうそうないだろう、という状況です。

自分もいまはただただ野次馬的に
おもしろいからどんどんやれ
って言う他ない感じなんですが
来季の交流戦の試合数をめぐっても
セとパで温度差あって全然バラバラだし、
というかその件も
「世の中の様子をうかがう」かたちで
ニュースになってるのかもしれないし
なんというか先の展開が全くよめないですね。

ですがもともと自分は「球界拡張」派なので
今回の件に関しては
「漠然としたワクワク感」でいっぱいです(笑)

なにしろ沖縄も候補にあがってますからね。

いや確かに「現実」をみれば
「台風どうすんの?」
「移動大変じゃないの?」
とか問題ありまくりなのはわかります。
ですが逆に
シーズン終盤に無理やりダブルヘッダーを組む
ってゆうあのノリが帰ってくるのではないか
と。
あの理不尽さもまた野球の醍醐味なのではないか
と。

10・19とかダブルヘッダーなればこその「伝説」ですからね。

しかしそうなってくると
「選手会」の出方もまた読みにくい。
シーズンの試合数
がどうなるかでもだいぶ対応違ってきますもんね。

ただ実現すれば約300名の雇用増
ってゆう側面もありますので
なにがなんでも反対
ってことにはならないでしょう。

球界関係者ではいまのところ
星野中畑両監督が「歓迎」の意向を示し
掛布氏は「質の低下」を危惧している
といったところで
まだそんなに数多くの「声」はあがってません。
そのへんも「様子見」なのでしょう。

掛布氏の言う「質の低下」は確かに
間違いなく起こると思います。

ただそれに関しては
2005年からイーグルスを見続けた者
として
それでも地球は回っている

前向きに考えたいところです。

というか
16球団
とかケチなこと言わず
20球団くらいにして
都内西部を本拠とする
東京メッツ的なチームを
パリーグに作りたいですね。
そうすると観戦も楽だし。

というかその場合
イーグルスを応援するのか
メッツを応援するのか
どっちなんだろう(笑)






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック