全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
自粛と萎縮と節度
私は「AKB商法」に関して
批判的な意見をここでも
ツイッターでも何度か投稿しましたが、
「襲撃事件」に関しては
一市民として「お見舞い申し上げます」
としか言えないし
「イベント」やるなら客数の多い少ないに関わらず
セキュリティーはしっかりしましょうよ
とまあ、ごくありきたりの提案しかできません。

なので「握手会」を自粛しろ
とかそんなこと微塵も思わないですね。
それも「自由」なわけですから。
ただしそういった「商法」は
自分にとっては「批判対象」なので
気が向いたらいつでも「批判意見」書きますよ。
で、批判意見とはいっても
「やめろ」とまで書くつもりはありません。
自粛も委縮もわたしの求めるところではありませんし。

そのあたりは「節度」ってものが
肝心なのだと思います。

でここからが重要なところなんですけど
じゃあみんながみんな節度ある言動をするようになり
ふと気づくと巨人軍やヤンキースの求める「紳士」ばかり
ってゆう世の中になって楽しいのか?
と。
どう考えてもそんな世界
「いたたまれない」ですね。
自分としては。

かといって
あこぎな「炎上商法」も
いかがなものか
と。

で、思い出すのは
最近めっきり球場では聞くことの少なくなった
「オヤジの野次」です。
まあ、さすがに「選手の夜の生活」を引き合いにだした
ものすごく下品な昭和のノリの野次を
また聞きたいとも思いませんけど
野次の上手い下手というか
技術的な優劣って
間違いなくあるでしょう。

野次る
ってのは「批判的精神」を必ず含む行為ですから
おとなしい羊のような性格
の人には出来ない行為です。
ということで
おとなしい羊のような性格
のお客さんが周囲にいたとしたら
そのお客さんは悲しんだり不快に思ったりするかもしれません。

高度に洗練された野次
ってのは
そういった周囲のお客さんの存在も
十分に意識しつつ
しかし「波風立てること」を怖れるわけでもなく
ギリギリのところを突いてくるものです。

女性や児童生徒が不快になる一歩手前、
または
異なる見解を持つ他の成人男性から
「おまえの言ってることは聞き捨てならねえ
表に出ろ」とふっかけられる一歩手前
くらいの
なんとも絶妙なラインとでも申しましょうか、
これが醍醐味なんですよね。

これって
ネット上で文章を書く行為
にも通じるものがあると思うのです。

せっかく自由に
しかも無料で
文章書いて公開できる
わけですから、
やはり「自分にとって」
面白い文章を書きたいと思うわけです。

で、自分が「面白い」と感じる文章ってのは
「批判精神」が感じられる文章なのです。
さらにいうとその「批判精神」の「方向」は
「無指向性」であるほうが面白い、と。
「単一指向性」はないな、と。

それが「インディーズ」というか
「インディペンデント」ということなのではないか、と。

わたしも
アラフィフとなり
文章をたくさん書きもしましたが
それ以上に読んでもきました。

なので右派でも左派でもスピリチュアルでもなんでも
「結論ありき」の党派的、商売的文章だなあ
ってのは読めばすぐにわかります。

でもそれをいちいち指摘してまわるのも
「時間の無駄」だし
他にやることもあるし
10年前のサイト立ち上げ時のように
なんでもかんでも突っ込めー
みたいなことはもう出来ません。

ただ
「さすがにそれは聞き捨てならねえ」
と感じたら
間髪いれず容赦なく書きますよ。

いまはそうゆう「沸点」がだいぶさがった
ってことです。

みんながみんなそうしてほしい
とか
そうゆうことを言いたいわけでもありません。

ただ自分はそうゆうスタイルです。
と。

ということで
いろんな組織のしがらみとか
世の中にたくさんあるのは重々承知しておりますが
それは承知のうえで
自分は書きたいように書くのみでございます。

なるべくギリギリのラインで(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック