全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
仕事の連続性
ドレスコードに厳しかった
「旧世代の野球人」
ライオンズの井原監督が
「休養」になって、
ストッキングを見せるユニフォームの着こなし
とか
ひげ禁止
とか
そのあたり
渡辺前監督時代のルールに戻しましょうよ
的な動きもあったなかで
さすがに休養直後に露骨に変えるのは
「表向き」に辞任なんか全然していない
井原監督批判と受け取られかねない
というのもあって
ライオンズ選手の身だしなみ
に急激な変化はありませんでしたね。

よくもわるくも
これが日本社会
ってゆうものなのでしょう。

わたしも「前職」は
転勤とか異動とか多目の業界でしたけど
異動で新たな土地に行く場合とか
「功を焦って前任者の全否定とかいきなりするな」
ってよく言われました(笑)

このへんたとえば
アメリカの場合は
大統領変われば
ホワイトハウスのスタッフ総入れ替えは当たり前
なのでして
全然違いますよね。

どっちがいいとか悪いとかは
判断つきませんけど。

なんだかんだで
「仕事の連続性」は
未来永劫
日本社会では「重視」され続けていくのだな

今回の井原騒動であらためて痛感しました。

基本
ハードランディング
は誰も好んでいない
ってことです。

「赤色革命」

「右派軍事クーデター」

成立不可能だと思います。
日本国においては。

そのことを
特に悲観するつもりも全くございません。
無党派層なので。

淡々と日々過ごすのみでございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック