全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
最下位視野にはいってまいりました。
6月7日名古屋
D6-3E
勝ち山井
敗け美馬
S岩瀬

確かに守乱と貧打は酷かった。
特に自らの首をしめる
「しめた!併殺!」ってところの
美馬の本塁悪送球は痛かったけど
あまりの凡プレーぶりに相手もバタバタして
走塁ミスも誘ったりなんかして
そこまではまだ試合になってたんだけど
本質的には美馬の投球内容が悪すぎた
ってことだと思います。

「連続試合一桁安打」を
ジャイアンツより先に脱したんですけど
それでもまだジャイアンツのほうが
交流戦ではるか上の順位にいるのは
「投手陣」がしっかりしてるからですよね。

去年後半
ポストシーズンや
日本シリーズで
大車輪の活躍をしてた
美馬、辛島がパッとしない
ってのが最大の低迷の原因だと思います。

もちろん打線も酷いのは確かですけど。

ボウカーが当たってきた、
松井裕樹「牽制」「クイック」の課題克服の兆しアリ、
ってゆう光明もあるので
とりあえず「借金一桁」で
踏みとどまっていてもらいたいものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック