全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
自分の無知を恥じない馬鹿は引っ込め

私はですね、創作物、まさに「言論の自由」とか「表現の自由」の中で出てくるものというのは、人々に勇気を与えたり、希望を与えたり、失意のそこに陥っている人を励ましたり、こういうことこそ創作活動の意味であって、この先ほどの資料1に出てくるような気持ち悪くて読む気にもならないような劣悪な表現をやっているものを保護する必要はないと。



安倍政権の最大の弱点はこうゆうところの
センスの無さ
なんすよね。
「ワタミ登用」の件も含め。

もちろん私も娘を持つ父親ですから
児童の性的被害
はどんどん防ぎたいですし
折角「裁判員裁判制度」も導入されていたわけですから
くだらない「先例主義」とか排して
裁判員の「市民感覚」でもって
死刑判決とかでたのであれば
「プロ裁判官」は自らのプライドなんかに関係なく
「市民」の採決にしたがえばいいのに
それすらしないって
アホですか。

ってことで
司法にたずさわる者のバカさ
ってのが如実にあらわれてますよ。
この土屋某氏の発言とかみると。

特定秘密保護法案
とか
集団的自衛権
とか
と比較しても
この土屋発言の方が
マスコミ並びに大手報道機関にとっては
脅威になるはずなのに
それに気づかない
あるいは
気づいていても
気付かないふり
をする
ってのは
もうなんかの病気の「末期」なんでしょうね。

ご愁傷様です。

※自民党土屋正忠議員は法曹界出身議員
だと思い込んでましたがそうではないようでした。
が、書いたことの論旨は曲げるつもりはございません※
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック