全力リラックス!辻タダオ
おぐまゆきとのユニット「中前適時打」メンバー辻タダオのブログ。生年1964、生れ高松、育ち三多摩、元々の「本籍」は那覇、多摩市在住町田市勤務。中学吹奏楽部 町田市立忠生中学校 ・高校吹奏楽部 都立町田高校 ・大学ビックバンド 立教大学NSH 職歴 パチンコホール業界 →ブルーベリー農家。大阪近鉄からの東北楽天ファン。中前適時打は2016年4月結成。作詞作曲、key&vo 漫画原作等を手掛ける。心の師谷岡ヤスジ。無党派。表現規制反対派。ピアノはコードブック派我流。断煙断酒断パチ継続中。
ギャンブルと生存本能
就農先の畑付近に泊りこんでいるのだが
ここの家屋は自宅とちがって「BS」視聴可能で
BSジャパンの「酒とつまみと男と女」ってゆう番組を
初めて見たんだけど面白かった。

で、競馬好きの高橋源一郎氏が出てて
ギャンブルの話題もひとしきり盛り上がり
ギャンブルがらみの「サイテー」な話なんかもあって
他人事なのでニヤニヤしてた。

さて
自衛隊の存在と憲法九条
が醸し出す論理的矛盾
も重要なのかもしれないんだけど
それよりは
賭博罪とパチンコ
賭博罪と公営ギャンブル
賭博罪と雀荘
賭博罪と裏カジノ
賭博罪とポーカーゲーム
とかの「矛盾」の方が
自分にとってははるかに「切実」な問題だ(笑)

人生そのものがギャンブルなのに
なんで「賭博罪」とか言ってるの?
としか思えないんだけど
まあしかし
そうゆうことを嫌う人の主張も
思想表現の自由
で保障されているし、
実際問題「賭博罪」は存在しているので、
当方、その意味では政治的に
実質「負け犬」状態だから
あまり遠吠えはしないようにしよう。

で、前々回あたりの投稿で
「パチンコ・パチスロ依存症」を脱却するために
野球がうんぬんかんぬんとか書いたんだけど
それは実際そのとおりな話で、
ひとつもなんにも「盛って」ない。

これはわたしの
※あくまで個人的な感想です※
なのだが
パチンコ・パチスロは本質的にはギャンブルである。

ただ業界関連団体全部
メーカー側も店舗側も
周辺機器業界も行政側も
「遊技です」「娯楽です」
と主張しているし、
そんな巨大な集団相手に
「パチンコはギャンブルだと認めろー」
とか一人竹槍で攻め込むつもりは全くない。
お説ごもっとも
でもわたしはこう思います
と控えめな態度を貫くしかあるまい。

というか
自分は「店舗側」の人間だったんだけど、
現場にいた時は
あくまで個人的に「ギャンブルの仕事の現場」にいるんだ
と常に強く思って仕事をしていた。
(が、会社からそのような指導は受けてません念のため)
で、おそらく盤面やリールに向かって一心不乱になってた
「お客様」の皆々様の95%以上の方々は
「遊技」や「娯楽」じゃなくて
「ギャンブル」感覚で臨んでいたと思われるのだが、
これもデータ的根拠は何もない
「現場の皮膚感覚」から出た言葉である
と軽く受け流して欲しい。

で自分が「依存症」最高潮だった頃の有り様

「早番」なら勤務終了後に同業他社のお店に直行。
勝とうが負けようが23時の閉店まで打つ。
「遅番」なら朝10時に同業他社のお店で打ち始めて
出勤時間に間に合うギリギリまで打つ。
さらに
「早番」
だろうが
「遅番」
だろうが
飯は牛丼チェーンかコンビニで
「最速」で済ませて
休憩時間最大限に目と鼻の先の
同業他社の店で打つ
と。

こういった日々の繰り返しだったのだ。
そしてそれが何故成り立っていたのかと言えば、
私より先に「卒業」「就職」していた妻の存在である。
当時は娘もいなかったし
ダブルインカムノーキッズ
状態。

で、「若気の至り」
で勢いで結婚してたんで
家計のとりきめ
とか
家庭の将来設計
とか
そうゆうのは無かった。

ということで
本能のまま
やりたい放題
やって
「すいません給料全部なくなりました」
と言ったら
妻大激怒で
会社の給与口座の銀行カードをとりあげられる
と。

たぶん世の中ではよくある
「しょぼい旦那」の
話だと思う。

男として
「かかあのいいなり」
とか最悪
という忸怩たる思いは当時あったんだけど
結果的には
「いいなり」になっておいてよかった
としか言えない。
いまの時点では(笑)

いやべつに
これからまたパチンコ・パチスロを
打ちたい
とか
そうゆうことじゃなくて
人生そのものがギャンブルだ
という本質は
変わらない

ただそう強く思うだけである。

それは妻や娘や父や母や
とか
家族の存在
とは
別問題なのだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック